シニアライフ徒然草

あきらめない寄り添う支援【IoT美しい日本のだんらん】

アポロ・サンズHDの株式会社サンハートが2018年4月に江戸川区一之江に新しく介護付き有料老人ホームをオープンしました。その名も「IoT美しい日本のだんらん」和モダンな内装からIoTという言葉が想像しにくく興味を持って見学してきました。

土地・建物 事業主体所有

この施設へのご相談、資料請求・ご見学はコチラをクリック


IoTというキーワードと日本のだんらん

平成10年に開業した、介護付き有料老人ホーム「SILVER SUPPORT コスモス」の閉所に伴い、介護付き有料老人ホーム「IoT美しい日本のだんらん」が誕生しました。

株式会社アポロ・サンズホールディングス株式会社サンハートが新たに展開する介護付き有料老人ホーム「IoT美しい日本のだんらん」というネーミングは、誰が聞いてもとてもインパクトのある名称です。

そもそも昨今、よく使われる言葉で、AIやICT、IoTなど、なんとなく新たなテクノロジーの単語なのか、仕組みなのか、という印象でしかお持ちの方が大半ではないでしょうか。
最近よく耳にするのは、AI(エーアイ)これは、あまりにも彼方こちらで見聞きする単語なので、なんとなく「人工知能」という事はご存知だと思います。AI(artificial intelligence)の支えになるのはDeep LearningのテクノロジーがAIを支えていると言えます。

そしてICTという言葉は、Information and Communication Technologyの略称で、1998年頃から徐々に普及しだした家庭用パソコン共に広がったIT(information technology)とほぼ同義ですが、前者は情報技術通信の事を指し、後は者情報技術の総称とされています。

では今回、施設名にもなっている"IoT"というキーワード、これは「Internet of Things」の略称で、「モノのインターネット」を指します。インターネット上で繋がった、パソコンやスマホはもちろん、電化製品や家具などが、モノを介して人の意識を伝えるという感じです。 最近流行のGoogle Homeに部屋の灯りつけてとか、Amazonで●●買って、みたいなCMをテレビで観かけますが、アレなんかは典型的なIoTのひとつだと言えます。

前置きが長くなりましたが、今回の介護付き有料老人ホーム「IoT美しい日本のだんらん」では、最新のIoTテクノロジーが現時点で導入されている訳ではなく、今後少しずつご入居者様と共に導入していくというコンセプトのようです。

この施設へのご相談、資料請求・ご見学はコチラをクリック


7階建て自社所有の土地建物

介護付き有料老人ホーム「IoT美しい日本のだんらん」は7階建ての大きな建物です。最上階には、ご夫婦でご入居が可能な50.97㎡の和モダンなデザインのお部屋があります。

木目を活かした落ち着きのある空間が演出され、"IoT"のイメージとは、全く真逆の印象を受けます。

この施設へのご相談、資料請求・ご見学はコチラをクリック


展望風呂もあります

窓の外に広がる江戸川区の景色は、お天気の良い日は遠くまで見渡せます。

7階の最上階にお住まいの方にとって特徴的な設備は、このフロアには展望風呂があります。周辺には高い建物が少なく、明るい時間帯から外を眺めながらの入浴ができます。

勿論、一般的な個室浴槽や、機械浴もありますので、お身体の状態に合わせたご入浴が可能です。


コミュニケーションスペースでのだんらん

各階の共有部には、コミュニケーションスペースがあり、ご入居者の皆様の団らんの場になります。私が伺ったのがオープン前の桜の時期だったので、沢山の"桜”が飾られていました。

この施設へのご相談、資料請求・ご見学はコチラをクリック


多種多様な介護事業を展開

運営の大元である、アポロ・サンズホールディングスでは、グループ各社で様々な介護事業を展開しています。
見学会のこの日は、ホームの内覧会だけではなく、同グループの運営する介護事業の展示などもありました。

今回の「IoT美しい日本のだんらん」を運営する、株式会社サンハートでは、"ホスピス対応型住宅"、"介護付き有料老人ホーム"、"ショートステイ"、"小規模多機能"、"グループホーム"、"サービス付き高齢者向け住宅"を運営しており、

グループ会社の、株式会社サンドリームでは"訪問介護"、"福祉用具"、"小規模多機能"、"グループホーム"を運営しています。
それ以外でも、高齢者住宅事業や保育事業なども行っておられます。


江戸川区の親水公園の近くでのんびり過ごす

介護付き有料老人ホーム「IoT美しい日本のだんらん」は、最寄り駅である都営新宿線「一之江駅」からですと徒歩15分~20分、バス利用の場合、古川親水公園バス停徒歩3分程の立地ですが、近くには「古川親水公園」があり、お天気のよい日のお散歩などが楽しめます。

様々な介護事業を展開し、ひとつひとつ想いを込めたサービスを展開しているアポロ・サンズホールディングスの介護、百聞は一見に如かず、是非一度ご見学される事をお勧めします。

この施設へのご相談、資料請求・ご見学はコチラをクリック

田中 宏信
「関東有料老人ホーム紹介ンター」を運営する(株)エイジプラス東京支社 支社長。自身の両親の介護経験を活かし、同じように在宅介護でお悩みをお持ちのご相談者向けに、老人ホーム選びのアドバイスやセミナーなども行っています。

関東有料老人ホーム紹介センター 10:00〜17:00 ※土日祝は休み 北海道・東北・関東エリア 0120-605-419【通話料無料】