シニアライフ徒然草

自立支援介護の「ウェルケアガーデン深沢」

自立支援介護を実践してきた、株式会社サンケイビルウェルケアのウェルケアシリーズの有料老人ホーム、「ウェルケアガーデン深沢」が2018年2月に東京都世田谷区深沢に遂にオープン。深沢のランドマークともいえる深沢ハウスの目の前に、まるで高級マンションと見紛う程の外観が目を見張ります。

土地・建物 事業主体非所有

この施設へのご相談、資料請求・ご見学はコチラをクリック


深沢ハウス目の前

株式会社サンケイビルウェルケアが運営する有料老人ホーム「ウェルケアガーデン深沢」へは、東急東横線「都立大学」駅から徒歩16分、バス便だと「都立大学駅」「桜新町駅」「駒沢大学駅」「自由が丘駅」などからアクセス可能です。

深沢ハウスといえば、元々は東京都立大学理学部・工学部の跡地で、大規模マンションですが、建設工事においては住民の建設反対運動で有名になった場所でもあります。
ウェルケアガーデン深沢の場所については、元々は財務省の官舎跡地だそうです。

ウェルケアガーデン深沢の隣には、別の社会福祉法人が運営する特別養護老人ホームがあり、その並びににはガラス張りのお洒落な保育園があり、この場所が多世代の生活の場所になっている事がわかります。

この施設へのご相談、資料請求・ご見学はコチラをクリック


吹き抜けのエントランスが来館者を迎えます

建物の入り口エントランスは広い車寄せになっており、雨が降っても安心して車からの乗降ができます。

玄関を入ると、目の前の中庭の緑とともに、明るく開放感のある吹き抜けのエントランスが来館者の方をお迎えしてくれます。
エントランスホールにはグランドピアノも設置されており、今後はクラシックコンサートなども開催が予定されています。

エントランスの横には、コンシェルジュカウンターがあり、日頃のアクティビティとは別に、ご入居者の皆様のご希望をお聞きし、スペシャルプランのご案内も致します。

この施設へのご相談、資料請求・ご見学はコチラをクリック


各フロアのリビングダイニングも明るく開放的

各階にはリビング・ダイニングが用意されており、日頃のお食事はお住まいの各階のダイニングでお召し上がりいただけます。

それぞれのリビング・ダイニングは中庭に面しており、ガラス張りで採光も十分な開放的な空間に仕上がっています。

リビング・ダイニングの椅子にも、サンケイビルウェルケアの実践する自立支援介護のこだわりがあります。

パッと見は分からないのですが、じつはよく見ると椅子の高さは3種類用意されています。ご入居者様の身長や座高、お身体の状態に合わせて、お食事のしやすいサイズをチョイスできます。座面の高さが、38センチ、40センチ、42センチと、よく見ないと気付かないこだわりではありますが、サンケイビルウェルケアの運営する全ての有料老人ホームで採用されています。

シートバックの色を変える事で、職員の方には分かりやすくなっています。

椅子の足にもこだわりを感じます。
老人ホーム等の高齢者施設に設置されている椅子は、私自身がいつも見学する際に、「引きやすさ」をチェックします。 高齢者の方がご自身で椅子を引き、座ったり立ったりする際に、引いた時の椅子の重さに視点を置きます。 重すぎては力の弱い高齢者の方では引けない事もありますし、反対に軽すぎても何かの反動で、勢いよく引いてしまった際に転倒する可能性もあります。

ウェルケアガーデン深沢のダイニングの椅子は、それなりの重さがあり安定感はあるのですが、実は前足にのみローラーがついており、後ろ側を少しだけ浮かせれば、軽く引く事が出来ます。
これまで色々な老人ホームを見学しましたが、私自身気が付いてなかっただけかもしれませんが、こういった椅子はあまり拝見した事が無く、とても便利な機能だと思います。

この施設へのご相談、資料請求・ご見学はコチラをクリック


全部で96室の個室をご用意

ウェルケアガーデン深沢では、お部屋の数が全部で96室というとても大きなホームです。居室を見学させて頂き、トイレを拝見しましたが、実はトイレの便器そのものの高さが通常より低く設置されていました。

一般的なお部屋の便器といえば、通常は床に据えつけられているのモノがほとんどですが、こちらのホームでは、壁に配管を通し便器を壁付けにする事で、座面高さを40センチにしています。
有料老人ホームにご入居される方の性別を見ると、多くのホームでは大体約7割前後の方が女性で占められており、男性のご入居者の方が少ないのが実状です。

高齢女性の身長や介護を必要とする方が、便器に移乗する際など、座面が高いと例えば踏ん張りがきかないや、移乗がしにくいなどに対応する為に、ここでは高さを低く設置しているようです。

各お部屋には様々なセンサーが設置され、ご入居者の方の安心安全を見守り、介護スタッフの業務負担を軽減しています。
例えば天井に設置されたセンサーでは、もしお部屋の中で万が一転倒などが発生した場合、即座に介護スタッフの持つ端末に異常を知らせる信号が発報され、異常時のみその時の状況を映像に残すことが出来ます。

ベッドセンサーなどは、一般的には離床時に反応するタイプのものが普及していますが、こちらのウェルケアガーデン深沢では、離床時はもちろん、睡眠時の呼吸による体動をモニターし、異常があれば即座に異常信号が介護スタッフに送られる仕組みなど、ICTの導入により、業務効率化を図りご入居者様を見守ります。

お部屋の広さは各居室20㎡の広さがあり、トイレ洗面、収納などが完備されています。
またお風呂については、各階に個室浴室が2か所完備されています。

自立支援介護を実践する㈱サンケイビルウェルケアの運営する施設では、他社に設置されているチェアータイプやストレッチャータイプの特殊浴槽(機械浴)は無く、チェアリフトが用意されており、お身体の不自由な方でも介護スタッフによる入浴介助を受ける事が出来ます。

この施設へのご相談、資料請求・ご見学はコチラをクリック


お部屋の扉にも工夫が

廊下と居室を隔てるお部屋にも拘りがありました、コマニー社製の静音タイプのドアを使用する事で、操作性にもこだわり静かで落ち着いたお部屋での暮らしを提供しています。


お食事はグリーンハウスのお食事を提供

今回の見学では、お食事の試食もさせて頂きました。試食させて頂いたお食事は、ご見学時にご家族にご試食頂くメニューが提供されましたが、味付けもしっかりしており美味しく頂きました。

他社も含め、多くのホームは厨房管理会社と提携し、その厨房管理会社から提供されるお食事を召し上がります。
今回のホームでは、グリーンハウス社のお食事が提供されていますが、ご入居者の方の体調などもしっかりと把握し、お身体の状態に合わせた食事をしていただく事が出来ます。

グリーンハウスグループでは、とんかつの「さぼてん」や中華料理の「謝朋殿」など、レストラン事業の経験を活かし、朝食は和食と洋食、昼食は麺やパスタ、丼料理が手京され、夕食はメインメニュー1種類と、好きな小鉢を選んで頂けるスタイルでお食事を楽しんで頂けるそうです。

また、何かの記念などでご家族やご親族が来られた時など、3000円からになりますが、特別コースメニューもご用意。

そして、様々な地域の方に楽しんで頂けるように、全国の駅弁祭りなども開催し、ご入居者様の郷土料理などの提供も考えておられるとの事でした。

この施設へのご相談、資料請求・ご見学はコチラをクリック


館内には素敵な絵画なども

サンケイグループには箱根の「彫刻の森美術館」があり、館内には絵画などの芸術作品も、あちらこちらで気かける事が出来ます。

館内の芸術作品はどれも落ち着いた趣があり、ここで暮らす皆様の心を落ち着けてくれるのではないでしょうか。


明るい雰囲気のリハビリルーム

ブックカフェとリハビリルームを併設する事で、リハビリで少し疲れたお身体をカフェで寛ぎながら癒して頂けます。

リハビリルームというと、いざリハビリするぞ!というような気構えが必要に感じますが、このホームリハビリルームは、白を基調とした明るい雰囲気で、リハビリスタッフが見守る中でお身体を動かして頂けます。

見学させて頂いた時は、スタッフの方がリハビリマシンの使い心地など、ご自身で体験をされていました。

リハビリルームに併設するブックカフェでは定期的に蔵書の入れ替えなどがあり、読書が好きな方には、お茶を楽しみながらお過ごし頂く空間がご用意されています。

ブックカフェコーナーの奥には、外の明るい日差しを取り入れたファミリールームなども有り、気のおけない仲良しの皆様でご利用する事も出来るでしょう。

この施設へのご相談、資料請求・ご見学はコチラをクリック


価値観のある暮らしの提供

決して華美ではありませんが、落ち着いた雰囲気の高級感漂う館内、随所にこだわりの設備、自立支援を謳い、今までに様々な実績を残してきたサンケイビルウェルケアの運営する施設だからこそできる、手厚い安心感や介護、自立支援に向けたサービスメニューなど、他社とは一線を画すホームの一つではないでしょうか。

開放的な空間はもちろんですが、ご入居者様の目線に基づいた設計や、お元気な方から介護を必要とする方々まで、少し医療依存度の高い方でも相談にはなりますが、できるだけ受け入れをしようとする姿勢、サンケイグループだからこその安心感やサービスなど、世田谷に新たに新風を巻き起こすホームの一つだと思います。

入居時費用は90歳未満の方で2890万円、90歳以上の方だと2320万円。月々の費用は279,240円と、金額だけを見ると高いと感じる方も多いと思いますが、実際の建物やサービスを拝見すると、他社の同スペックのホームと比較しても、決して高すぎる金額ではないと思います。

最寄り駅は都立大学ですが、エリア的には八雲~深沢エリア、静かな住宅街で付加価値のあるお暮しをお望みの方には、是非ご見学をして頂きたいホームの一つです。

この施設へのご相談、資料請求・ご見学はコチラをクリック

田中 宏信
「関東有料老人ホーム紹介ンター」を運営する(株)エイジプラス東京支社 支社長。自身の両親の介護経験を活かし、同じように在宅介護でお悩みをお持ちのご相談者向けに、老人ホーム選びのアドバイスやセミナーなども行っています。
関東有料老人ホーム紹介センター 10:00〜17:00 ※土日祝は休み 北海道・東北・関東エリア 0120-605-419【通話料無料】