シニアライフ徒然草

介護業界における外国人技能実習制度について

介護業界における人材不足は、過去年々にも渡り延々と続く大きなテーマです。そこで今回は外国技能実習制度に新たに介護職が加えられるとい事が決まり、介護業界では今一番HOTな話題になっています。


外国人技能実習制度とは

元々は平成5年に創設された制度であり、その目的は発展途上国内では、経済発展を担える人材の育成が求められており、先進国である我が国の技術や技能、知識を発展途上国へ寄与する事で、優秀な人材教育を行い経済発展協力をする事を目的に作られた制度です。

参考:外国人技能実習機構


外国人技能実習生とEPAの違い

田中 宏信
「関東有料老人ホーム紹介ンター」を運営する(株)エイジプラス東京支社 支社長。自身の両親の介護経験を活かし、同じように在宅介護でお悩みをお持ちのご相談者向けに、老人ホーム選びのアドバイスやセミナーなども行っています。