シニアライフ徒然草

東京都会のど真ん中の閑静な住宅街に【アリア松濤】

ベネッセスタイルケアが運営する有料老人ホームの中でも、ハイグレードブランドとされる「アリア」シリーズ、成城歐林邸、芦花翠風邸を合わせると、22棟目。最近では「アリア六本木」から約2年経過してのオープンとなります。渋谷区松濤という高級住宅街の中に、堂々とした風格の建物が、街並みに溶け込んでおり、高級住宅街の中に老人ホームがあるとは気づかないほど素敵な外観です。

土地・建物 事業主体非所有

この施設へのご相談、資料請求・ご見学はコチラをクリック


渋谷区松濤の中に老人ホーム

ベネッセコーポレーションの前進である、福武書店が創業されたのが今から61年前。現ベネッセコーポレーション最高顧問の福武總一郎氏の父親である、創業者の福武哲彦氏が1955年にを創業しました。全国統一模試や進研ゼミ、こどもちゃれんじなど、教育事業を中核に事業を拡大し、2000年の介護保険のスタート以降、ベネッセグループの介護事業会社「株式会社ベネッセスタイルケア」が関東圏を中心に、東は北海道、西は東海、関西エリアに、100棟以上の老人ホームを展開しております。

ベネッセスタイルケアが展開する、有料老人ホームはご利用目的によって、様々なブランドの老人ホームがあります。シリーズの中でもハイグレードな「アリア」を筆頭に、「グラニー」「グランダ」、「ボンセジュール」「まどか」「くらら」、それに「ここち」「リレ」

今回は、アリアシリーズの中でも、最高額の居室設定のある「アリア松濤」のオープン前内覧会にお邪魔しました。

渋谷区松濤といえば、田園調布や成城、と並び東京都内の高級住宅街と称されるエリアです。
JR渋谷駅から徒歩約10分と少し、ハチ公口から出て文化通りを歩き、http://www.bunkamura.co.jp/、オーチャードホールの裏手の松濤エリアに入ると直ぐの場所に「アリア松濤」があります。

勿論、周辺は閑静な住宅街で、豪邸や美術館が立ち並ぶ、いかにも「ザ・高級住宅街」という雰囲気です。

この施設へのご相談、資料請求・ご見学はコチラをクリック


こだわりの「アリア Styl」

今回の「アリア松濤」は、アリアブランドの中でも、現時点では最上級の1億円のお部屋もご用意。
お部屋の数は全部で39室、30平米から約64平米の広さのお部屋があります。

アートのある暮らしと銘打って、建物のいたる所にステンドグラスや、絵画・版画などが飾られています。
元々ベネッセグループは岡山が本社。その岡山の目の前、瀬戸内海に浮かぶ「直島」には「ベネッセアートサイト直島」というネーミングで、一級建築士の安藤忠雄氏が設計した「地中美術館」など芸術的建築物を設置し、有名なモネの「睡蓮」などが展示されており、公益社団法人福武財団が所蔵しています。

そういった事から、「アリア松濤」では、今後「アンディ・ウォーホル」や「佐伯祐三」の作品が展示される予定です。

この施設へのご相談、資料請求・ご見学はコチラをクリック


1階吹き抜けのステンドグラス

正面エントランスを入ると右側には吹き抜けがあり、その天井には元々のその地にあった邸宅のステンドグラスなどが埋め込まれています。

ステンドグラスは勿論、その他にも各階のエレベーターホールや、廊下には様々な芸術作品などが展示されており、気品溢れる共有部の装飾がされています。

この施設へのご相談、資料請求・ご見学はコチラをクリック


こだわりの「食」

アリア松濤では、お食事のこだわりも徹底しています。
例えば食材では、鶏肉はブランド鶏の「桜姫」、豚肉は「やまと豚」、牛肉は「国産牛」に限定し、もちろん野菜は「国内産」、そして魚は築地「魚きん」から日本近海物の魚介類を使用するという徹底ぶり。
もちろんお米のこだわりも、のブランド米を使用し、その時々の料理に応じ品種を変えるという徹底ぶり、ちなみに採用している品種は、北海道「ゆめぴりか」、山形「つや姫」、富山「コシヒカリ」、宮城「ひとめぼれ」その中でも、全てのブランド米は特A評価を得たものを使用します。

そういった食材を使われた料理は、Noritakeの食器を使ってご入居者様に提供されます。
通常の食事メニューの他に、麺類なども選べるアラカルトメニューの設定や、ご家族・ご友人が来訪された際に、外にお食事に行かなくても、素敵な食事ができるようにと一流シェフが手掛ける「おもてなし食」もご用意。料金は1食2500円のコースと、5000円のコースが用意されています。


看護師24時間常駐&リハビリも

当然人員配置も手厚く、看護師さんは24時間常駐し、機能訓練士も常勤でいらっしゃいます。リハビリについては、「初台リハビリテーション病院」が協力医療機関として提携しており、医療・介護面でも安心です。

この施設へのご相談、資料請求・ご見学はコチラをクリック


ゴージャス感がありながら上品な内装

もともとベネッセスタイルケアの中でも、ハイグレードブランドとして展開しています。当然今回の「アリア松濤」でも内装の造りはそれなりのハイグレードです。 各居室の床は当然、床暖房設備が導入されています。

百聞は一見にしかずといいますが、まさしく「アリア松濤」は、多くを語るより、一度ご覧いただきたい老人ホームのひとつです。
入居時費用の標準入居金プランは3900万円から1億円という金額にもかかわらず、オープンは2017年1月ですが、39室のうち、すでに40%近くが私が見学に伺った際には、予約申し込みが入っているほど、注目の有料老人ホームです。

建物は3階建てなので、大きな規模ではありません。一つだけ難点というか、気になった点があります。それはエレベーターが1基しか設置されていないこと。もちろん1階にもお部屋はありますが、大部分は2階と3階に居室がありますので、その点が少し気になりました。

この施設へのご相談、資料請求・ご見学はコチラをクリック

田中 宏信
「関東有料老人ホーム紹介ンター」を運営する(株)エイジプラス東京支社 支社長。自身の両親の介護経験を活かし、同じように在宅介護でお悩みをお持ちのご相談者向けに、老人ホーム選びのアドバイスやセミナーなども行っています。

関東有料老人ホーム紹介センター 10:00〜17:00 ※土日祝は休み 北海道・東北・関東エリア 0120-605-419【通話料無料】