シニアライフ徒然草

老人ホームの夫婦部屋に入居したい

今回のご相談者は、現在別の老人ホームにご入居をされている奥様と一緒に、奥様がご入居されている老人ホームとは別の老人ホームにご入居したいという、ご主人様からのご相談でした。最初にご相談のお電話頂いた際は、電話の向こう側にご家族様がいらっしゃる状態でお話しをされていたようで、少し話しにくいような印象を受けました。

老人ホームのご相談、資料請求・ご見学はコチラをクリック


ご主人様は90代でも支援1のお元気な方

ご本人様は、男性で90代、介護認定要支援1の非常にお元気な方でした。
今のところ、介護を受ける必要はないのですが、奥様は別のエリアにある老人ホームにご入居されており、そろそろご自身も老人ホームを検討しようかと思われているということでした。
奥様がご入居されている老人ホームではなく、お二人揃って別の老人ホームに同室で入居したいという強いご希望がありました。
お住まいは北九州だったのですが、福岡市内でも良いということで様々な老人ホームをご紹介しました。

老人ホームの場合、ご夫婦部屋自体が設定されていない施設が多く、あったとしても数部屋しかないということがほとんどのため、入居できる施設を見つけるのは狭き門です。
今回の場合は、わざわざ現在ご入居中の老人ホームから移動してもらうということがありますので、ご夫婦部屋優先で老人ホームのご案内をさせて頂きました。

奥様は、80代後半で要介護2、車椅子を利用、左半身麻痺がありました。そのため、しっかり介護をして下さる施設を選びました。
ご予算は、ご自宅を売却してから入居するということで、ご自宅を購入するぐらいのご予算でした。ご本人様は、とにかく海が見える老人ホームを希望されていましたので、その条件に合う施設を3つほどご案内しました。

老人ホームのご相談、資料請求・ご見学はコチラをクリック


「海の見えるご夫婦部屋の施設」 ご希望を満たしたホームを見学

ご見学をして頂き、ひとつ満足のいく施設が見つかりました。
しかし、老人ホームに入居するには身元引受人が必要です。そして、相談を受けていく上で、ご本人様に少し認知症と思われる行動が出てきました。
こうなると、ご本人様とお話をしていくことは非常に困難です。ご家族様と連絡がとれたらと思っていたのですが、ご家族のことを非常に毛嫌いされていました。

そんな時に、なんと義理の息子様から、老人ホームを探したいというご相談が入りました。
当初ご相談を頂いた際は、分からなかったのですが、よくよく話を聞いてみると、今回のご相談者様だったため、どなたがキーパーソンであるのかをお伺いしました。

今回問い合わせをいただいた義理の息子様とお父様は、実は仲があまりよくなく、実の息子であるご長男様がキーパーソンということでした。そこで、ご長男様とお話をさせて頂き、次回の老人ホーム見学の際に、一緒に見学して頂くこととなりました。


キーパーソンはご長男、ご本人には認知症の症状が

ご見学後、老人ホームの入居についてどう思われているのかを確認させて頂きました。
ご長男様は、今までお父様が幾度となく老人ホームに入居しては退去をすることを繰り返しており、自分としては紹介センターに迷惑をかけるのではないかと非常に心配している、というお話でした。そのため、積極的に老人ホームを探しているわけではなく、本人にある程度任せて放置しているということでした。

お二人には数件、福岡市内の老人ホームを見学して頂き、こんな施設もあるのかと非常に喜んでいただけました。その後、入居の意思を息子様に確認をしたのですが、息子様が北九州市に住んでいらっしゃるので、距離がかなり離れており、緊急時の駆けつけに不安があるということでした。
結局、お父様とお母様は、息子様のご自宅近くの老人ホームに入居されました。


現実的には、キーパーソンのご自宅近くが一番安心

今回は、キーパーソンである実の息子さんにお父様のご事情を伺うことができたので、老人ホームを的確にご案内することができました。
老人ホームを選び際にご家族のことを考えると、緊急時の駆けつけなどの依頼が老人ホーム側よりあるため、キーパーソンの方のご自宅周辺であることが良いと思います。

今回ご主人様は、どのエリアでも良いとおっしゃっていたのですが、老人ホームを選ばれる際には、一度ご家族様の間でしっかりご相談をされて、予算やエリア等を確認することがとても必要です。

老人ホームのご相談、資料請求・ご見学はコチラをクリック


ご本人の意志と、ご家族の希望

老人ホームを探される際に、ご本人様だけで考えると、ご選択の条件はご本人のご希望が優先されてしまい、ご家族様のご都合がどうしても加味されないケースがあります。
今回のご相談でもあるように、〝こんな場所がいい”というご希望の場合、ほとんどが周辺環境重視になってしまい、ご親族のお住まいが遠くなるケースがあります。

例えば、ご家族が東京や大阪にお住まいで、ご本人様は他府県にお住まいの場合などでも、ご家族がお住まいの地域へ移り住みされるケースや、遠くても頻繁にご家族が帰省される場合などは、ご実家のある地域で探されたりと、お探しになるエリアは様々です。

ただし、多くの老人ホームの場合、ご入居者様に何かあった場合、当然ご家族にご連絡が入ります。
体調が悪くなり、病院に緊急搬送された場合や、搬送まではいかなくとも、ご入居者様の体調が悪くなった場合など、老人ホームとご家族の間で、様々な対応を検討されるケースもあります。そういった場合、お電話で簡単に済む事もありますが、なかには老人ホームに出向かなければいけないケースなどもあります。
そのような事を加味しますと、やはりご家族が何かあった際に駆けつける事ができる距離感というのは、非常に重要な要素になります。
あまりに遠いと、お孫さんに会われる機会が減る事も考慮して老人ホームの場所を検討される事をお勧めします。

老人ホームのご相談、資料請求・ご見学はコチラをクリック

記事 九州有料老人ホーム紹介センター 谷口千恵

老人ホーム紹介センター 住まいるケア 
北海道から九州沖縄まで、全国で高齢者設や高齢者住宅をお探しの方に、ご希望条件に沿って約4500件の有料老人ホームやサービス付き高齢者住宅の中から、ご紹介いたします。ご相談実績は年間20000件、相談窓口は関東・東海・関西・九州にございますが、ご相談は全国各地から承ります、お気軽にご相談ください。経験豊富な当社相談員が最適な有料老人ホームや高齢者住宅選びのお手伝いを致します。
九州有料老人ホーム紹介センター 10:00〜17:00 ※土日祝は休み 九州・沖縄エリア 0120-605-290【通話料無料】