シニアライフ徒然草

子育て支援と高齢者問題 東京都知事選挙

金銭問題でコロコロと変わる、日本国首都東京都知事。東京の向かう方向が日本の向かう方向と言っていいほど、他の地方自治体の首長とは一線を画すほどの影響力があります。舌戦繰り広げられる2016年東京都知事選挙。果たして新都知事にはどのような人物が求められるのでしょうか。

東京の老人ホームのご相談、資料請求・ご見学はコチラをクリック


白熱する2016年東京都知事選挙

舛添要一元東京都知事が退任し、現在東京都下では都知事選挙期間真っ最中です。
各候補者が都内の各地で演説を繰り返しています。
連日のマスコミの報道では、元防衛大臣、元県知事、野党
統一候補のジャーナリスト、この3人の報道が目立ち、舌戦が繰り広げられています。 そんな風に注目されている候補者の他にも、様々な候補者が立候補していますが、日本の首都 東京にとって、東京都民にとって、必要とされる人物はどのような人なのでしょうか。


待機児童問題、高齢化、大規模災害

日本の首都である東京は、全国の人口が減る中で、東京都民人口はいまだ増加しています。それは地方からの人の流入が今も続いているからでしょう。
日本経済の中心、ファッションの中心、様々なメディアやトレンドの発信地でもある東京という場所は、老若男女多くの人で1年365日動いています。

少し前に、子育て世代の方がSNSでつぶやいた「保育園落ちた日本死ね!!!」「何なんだよ日本。一億総活躍社会じゃねーのかよ。昨日見事に保育園落ちたわ。どうすんだよ私活躍出来ねーじゃねーか。」
という言葉が、国会でも語られるほど、有名になりましたが、先ほどの3人候補者も、『待機児童問題』『高齢者(高齢化)問題』『災害対策』は公約として出していますね。

東京の老人ホームのご相談、資料請求・ご見学はコチラをクリック


東京都知事という権力

公約を色々見比べてみると、フムフムという感じですが、果たして首都東京の首長としての本来必要とされる資質とは・・・

ここからは、あくまでも個人的な意見として・・・

そもそも、今回の東京都知事選に至った背景は、前東京都知事の舛添要一氏のお金の問題がクローズアップされました、そしてその前の猪瀬直樹元都知事も、お金の問題で退陣をしています。 最近では地方議員による、お金の問題も露呈しており、まず大切なのはその点がクリーンな人でないといけないという気もします。

先日テレビを観ていると、元宮崎県知事の東国原英夫氏が、県知事時代に一番注意をしたのが、お金の事だと語っていました。
その際に客席からの質問で印象的だったのは、「政治家になる人は、良い人が政治家になると悪い人になるのか、元々悪い人が政治家になるのか」という質問に、東国原英夫氏は「おそらく前者が多いのだろう」と答えていました。

東京都の財政規模を見ると、28年度の歳入は約7兆円(うち都税は5兆2千億円)東京都長期ビジョンによる事業展開の総事業規模は約2兆5千億円。 これはちょっとした国家予算レベルの規模であることがうかがえます。 これだけの予算を持つ都市の首長ともなると、確かに感覚がおかしくなるのかもしれません。


政府・行政・民間・国民一体となり対応する必要性

「経済大国・先進国」と言われる日本であっても、直面する少子化・高齢者問題については、まだまだ後手に回っているのは火を見るより明らかで、選挙のたびに少子化問題、高齢化問題について、多くの候補者が公約として演説してきていますが、その公約がどこまで守られているのか。
2020年の東京オリンピックも、大きなイベントではありますが、今一度日本の首都東京における、様々な問題に対してしっかりと取り組む必要があるように思えます。

待機児童問題については、政府は受け皿を増やすことで問題解決を図ろうとしています。たしかに政府の発表では、平成25年度以降、保育の受け皿は平均して年11万人分程度増加しています。
しかし、高齢化問題はどうでしょう。
厚生労働省を中心に、地域包括ケアシステムの運用を進めていますが、その反面社会福祉における、介護保険制度の縮小、介護保険算定基準の減算など、様々な問題があります。

東京都だけの問題ではないですが、やはり首都東京が国と連携をする事で、地方自治体の手本となる施策の実施が必要ではないでしょうか。

日本政府だけでなく、自治体や民間企業だけでなく、国民一人一人が、この国が直面している問題を真摯に受け止め、小国ほどの予算を持つ、首都東京の船頭を誰に任せるのが良いのか、日本政府の総理大臣の次に、この国に影響を及ぼすほどの権力を手にする新都知事を誰に託すのか、これは東京都民だけではなく、日本国民全体での審判でもよい位の重要な事ではないでしょうか。

東京の老人ホームのご相談、資料請求・ご見学はコチラをクリック

田中 宏信
「関東有料老人ホーム紹介ンター」を運営する(株)エイジプラス東京支社 支社長。自身の両親の介護経験を活かし、同じように在宅介護でお悩みをお持ちのご相談者向けに、老人ホーム選びのアドバイスやセミナーなども行っています。
関東有料老人ホーム紹介センター 10:00〜17:00 ※土日祝は休み 北海道・東北・関東エリア 0120-605-419【通話料無料】