シニアライフ徒然草

  • ホームで見かけた笑顔さん‼【藤田 弘さん 昭和8年3月生まれ 83歳 グランドホーム瑞穂】

ホームで見かけた笑顔さん‼【藤田 弘さん 昭和8年3月生まれ 83歳 グランドホーム瑞穂】

インタビューお答え頂いたのは、昭和8年3月生まれ、83歳の藤田弘(ふじたひろし)さん。九年前に藤田さんの奥さまが他界され、それからは同じ敷地内の別宅に住む息子さんご夫婦のお世話になっていました。奥さまの七回忌を迎えた頃、「自分の健康状態もいつまでも続くわけでもないし、いつかは息子のお嫁さんに介護をしてもらう日がくるかもしれない。それでも世話になるにも『なり方』というものがある。 自分の生きる場所を探そう。」 と、藤田さんは高級有料老人ホームへの入居を考えるようになったそうです。

この施設へのご相談、資料請求・ご見学はコチラをクリック


自分の生きる場所探し

もともと紀の川市に住まわれ稲穂会病院にも親子で馴染みのあった藤田さん。その隣が気づけば建設工事中になり、「ここは何ができるのだろう?」と調べてみるとそれは現在入居されている『グランドホーム瑞穂』のことでした。

藤田さんに『グランドホーム瑞穂』 を選ばれた理由をお聞きすると「1にも2にもまず安心!第一条件は病院がホームの横に あること。」だったそうです。
紀の川市以外でも高級有料老人ホームも探されていたそうですが『グランドホーム瑞穂』のようにすぐそばに病院があるホームというのはなかなか見つからなかったそうです。

建設完成が近づいた頃、パンフレットを読んだり施設長に詳しくお話しを聞かれ、「万が一何かあっても病院が真横なら安心できるし、住むならこういうところだな。」と考えられたそうです。
その後、息子さんご夫婦にも相談し「いいことじゃな い?」と賛同を得て2015年3月1日のオープンと同時に入居生活を始められました。


1にも2にも、まず安心!

稲穂会病院との医療提携を重視し、安心できるホームを目指している『グランドホーム瑞穂』はまさに「1にも2にもま ず安心!」と明確な条件をお持 ちだった藤田さんの希望を叶 える場所そのものでした。

姿勢良くしっかり歩くお元気な藤田さんですが、血圧が少し高く波のある自分の健康状態に少し不安を感じられていたそうです。ですが『グランドホーム瑞穂』ならナースコールを押せばスタッフがすぐに駆けつけ、スタッフでは対応できない症状の場合でも隣にある稲穂会病院から院長先生や看護師さんが真夜中であっても駆けつけてくれたそうです。

今までに何度かナースコールを押されたそうですが稲穂会病院の入り口につくと「ここに着 いたら何とかしてもらえる。もう大丈夫。」と安心できたそうです。

インタビュー中、常に「おだやかな院長先生なんですよ。スタ ッフも優しい。」とお話しされるほど設備のみならず、院長先生やスタッフとの人間関係にも「安心感」を得られられているのではないでしょうか。

この施設へのご相談、資料請求・ご見学はコチラをクリック


人生を笑顔で まっとうしたい

ホームでの日常はというと 阪神タイガースが負けるとご 飯が美味しくなくなる!と語るほどの大ファンの藤田さんはお部屋のテレビで大好きな野球の試合を観たり、山田洋次監督の映画を観たり、読書をされているそうです。

ホーム内にあるデイサービスを週2回利用され、散歩をしたり自転車を借りて近くまでお花見に行ったり、元のご自宅へまで歩いて草むしりをしたりお庭の管理もされ体を動かすことも定期的に行われています。

「ここから家まで僕の足では 30分くらいかかるけど、運動になるから ね。 」と語る藤田さん。たまにご近所さんに会うと草むしりの手を止め、そのままお話をして過ごすこともあると か。
元のご自宅とホームが近いということもあり、 息子さんの奥さまが度々ホームへといらっしゃり、いつも藤田さんの好きなものを冷蔵庫に入れていってくれるそうです。同じ 市内に住むということはお互いにとって行き来しやすく、良い距離感なのかもしれません。


ご入居前から気に入られたお部屋

現在住まわれているお部屋は2階の南側に位置し、陽の光がしっかり入る明るいお部屋。初めてこのお部屋を見た時、「ここに住みたい。」と 思った藤田さんは入居前にはこのお部屋を希望されていたそうです。

とても充実した毎日 を送られていますが「こんなに 元気なうちから有料老人ホームへの入居は早かったかな?」 と今でも感じることがあるそ うです。
とはいえど、高級有料老人ホームは今後も増えていくだろうけど、気に入った部屋が見つかったらすぐに入居を決めないと早い者勝ちなので住みたい部屋に住めないかもしれない、と決断にいたりまし た。
藤田さんと同じようにたくさんの友人たちも「早くに決めて正解」と感じていたそう です。

『グランドホーム瑞穂』へ入居される前はお弁当のデリバリーを頼んでみたり、大通りにあるレストランでお食事をされていたそうですが、一見にぎやかな場所ですが一人で食べるご飯はどこか味気ないと感じるようになったそうです。

ですが、ホームへ入居してからは 毎日入居者の皆さんとお話をしながらにぎやかにお食事を楽しまれているそうです。
「何を食べるか」も大事ですが「誰と食 べるか?」ということをお話をお聞きしていてとっても大事だと感じました。ちなみに『グランドホーム瑞穂』の入居者第一人者ということもあり、入居者の皆さんからは「キャプテ ン」と呼ばれているそうです。
色々な相談を受けるなど、入居者の皆さんの頼れる存在の藤田さんです。

「とにかく人生を笑顔でまっとうしたい。入居者の皆さんと楽しくお話ししながらそうこうしているうちに家内が迎えにくるでしょう。」と笑顔で話されていました。

ホームの中でも外でも充実した毎日、そして第一条件でもあるホームの隣には病院があるという理想の場所。
楽しい毎日と安心感、そして住みたい部屋を一気に手に入れられ「自分の生きる場所」を見つけられた藤田さんで した。

この施設へのご相談、資料請求・ご見学はコチラをクリック

老人ホーム紹介センター 住まいるケア 
北海道から九州沖縄まで、全国で高齢者設や高齢者住宅をお探しの方に、ご希望条件に沿って約4500件の有料老人ホームやサービス付き高齢者住宅の中から、ご紹介いたします。ご相談実績は年間20000件、相談窓口は関東・東海・関西・九州にございますが、ご相談は全国各地から承ります、お気軽にご相談ください。経験豊富な当社相談員が最適な有料老人ホームや高齢者住宅選びのお手伝いを致します。

関西有料老人ホーム紹介センター【月〜金】10:00〜18:00【土】10:00〜17:00 ※日祝は休み 関西・中四国エリア 0120-65-6774【通話料無料】