シニアライフ徒然草

希望の老人ホームが満室の場合でも諦めずにキャンセル待ちを!

今回は、なかなか空室が出ないだろうと思っていたホームで急きょ空室が出て、ご相談者様の第一希望のところへすぐに入居できたというお話です。諦めずに、まずはキャンセル待ちをすることの大切さを実感した案件でした。

九州有料老人ホーム紹介センターへご相談はコチラをクリック


関西に住む娘様から、福岡にお住まいのお母様のためのお問合せ

現在80代のお母様が、一時的に関西の娘様のところに住んでいるけれども、ご本人様は九州で暮らしたいと強く希望しており、老人ホームを探しているというご相談でした。

お母様のご自宅が九州にありますが、そちらの家は早めに売却し、そのお金を使ってどこか老人ホームに入ろうと思っているということです。お母様は80代ですが、介護認定は要支援1で、割とご自分のことはご自分でされているということでした。

ただ、お食事を1人分作ることが段々と面倒になってきていること、買い物も非常に億劫になってきているということでした。
そこで、お客様のお探しのご希望条件を伺いました。


要支援1のアクティブなお母様に合うホーム探し

まずは、福岡にお母様のお姉様がお住まいなので、そこからアクセスの良い老人ホームが第一希望でした。そして、お食事の支度が大変とおっしゃってはいましたが、あると落ち着くということでキッチン付をご希望でした。
またお母様は、非常にアクティブな方だったので、お買い物など、利便性の良い場所をご希望されています。

ご予算については、一時金を1000万円ぐらいか、一時金0円で月額払いの料金を検討されていました。そこで私は、お薦めの施設を数件ピックアップして娘様にご提案させて頂きました。

その中で、ホテルのような雰囲気の老人ホームがあり、早速ご見学して頂くこととなりました。


キッチン付きの居室 ホテルのような雰囲気は◎、しかし立地が×

ご紹介した施設は、市内から少し離れた郊外タイプですが、施設から日に何本も無料のシャトルバスを出しており、料金も手頃でサークル活動が豊富にあり、アクティブなお母様にはぴったりの老人ホームでした。

しかし、ご見学される前からお母様が少し渋られたそうです。というのも、市内から離れているため、お姉様のところへ通うには非常に時間がかかるということころがネックでした。
居室については、キッチンがついているし、ホテルのような雰囲気でとても良かったとおっしゃっていたのですが、距離のことを言われるとどうしようもありません。

そこで、日を改めて別の老人ホームをご提案させて頂きました。
お母様は、どうしてもかなり広い50㎡以上のお部屋を希望されていましたので、ご提案できる老人ホームはなかなかありません。そこで、広さ重視ではなく第一希望の、お姉様のご自宅から通いやすいという視点で老人ホームをご提案しました。

九州有料老人ホーム紹介センターへご相談はコチラをクリック


居室の広さより、お姉様の自宅から通いやすい立地重視で再検討

まず一つ目の老人ホームは、30㎡とコンパクトでありながらキッチンもついたワンルームタイプです。高級感があり、新しくできたばかりのホームでした。
もう一つの老人ホームは、現在満室でなかなか空室のでない、キッチンやお風呂がついたワンルームタイプの老人ホームです。病院が近くにあり、こちらも高級感があります。この二つの老人ホームをご見学頂きました。

一つ目の老人ホームは、広い居室をご希望されているお母様にぴったりの広さのお部屋があったのですが、そちらは二人部屋なのでお一人での入居ができません。個室でも、雰囲気が良くとてもお薦めだったのですが、部屋の狭さがネックになったのです。

そして次の施設は、電車の沿線ではないのですが、バスでアクセスできる老人ホームです。
雰囲気がとてもよく、広いタイプのお部屋があるということでとても気に入っていらっしゃいました。ただ、現在満室のためキャンセル待ちすることが必要でした。


気に入った自立型ホームは現在満室。空室が出るのは何年後か…

正直なところ、お元気な方向けの老人ホームでキャンセル待ちとなると、一体いつ空室がでるのか分からないため、どうかな…と、私としては思っていました。
しかも、広いタイプのお部屋となると、ますます部屋数が少なく、何年後に空くか分かりません。ただ、居室が50㎡あり、お姉様のご自宅までアクセスも悪くなく、医療対応や介護対応も安心できると、条件にぴったりでとても気に入ってくださいました。

だからこそ満室であっても諦めきれず、早く空室が出てくれれば!と思っていた矢先、見学してたった二日で空室がでてしまいました!空室がでる予定はなかったのですが、急遽空室が出た為、無事入居され、今もお暮しになっています。


見学後2日で、運良く予想外の空室が出て、無事入居を実現

本音を言えば、空室はしばらく出ないだろうなと思っていたのですが、こんなにすぐに出ることもあるので、やはりキャンセル待ちは大事です。
入居したい老人ホームがあって、空室がない場合は、まずはキャンセル待ちをすることをお薦め致します。運が良ければすぐに空室がでる場合もありますよ。

記事 九州有料老人ホーム紹介センター 谷口千恵

九州有料老人ホーム紹介センターへご相談はコチラをクリック

老人ホーム紹介センター 住まいるケア 
北海道から九州沖縄まで、全国で高齢者設や高齢者住宅をお探しの方に、ご希望条件に沿って約4500件の有料老人ホームやサービス付き高齢者住宅の中から、ご紹介いたします。ご相談実績は年間20000件、相談窓口は関東・東海・関西・九州にございますが、ご相談は全国各地から承ります、お気軽にご相談ください。経験豊富な当社相談員が最適な有料老人ホームや高齢者住宅選びのお手伝いを致します。
九州有料老人ホーム紹介センター 10:00〜17:00 ※土日祝は休み 九州・沖縄エリア 0120-605-290【通話料無料】