シニアライフ徒然草

  • ミサワホームと三菱UFJリースの共同出資事業【ブランニュー杉並高井戸】(Brand New杉並高井戸)

ミサワホームと三菱UFJリースの共同出資事業【ブランニュー杉並高井戸】(Brand New杉並高井戸)

ミサワホームと三菱UFJリースの2社の共同出資により設立されましたトリニティ・ケア株式会社が運営する介護専用型有料老人ホーム「ブランニュー杉並高井戸」(Brand New 杉並高井戸)全33室という小規模でありながら、基本人員配置の3:1を大きく上回る、実質1.5:1の人員配置を実現。協力医療機関との強固な連携により、医療依存度の高い方も積極的に受け入れて行く姿勢です。2016年5月8日オープン。

土地・建物 事業主体非所有

この施設へのご相談、資料請求・ご見学はコチラをクリック


京王線沿線の静かな住宅街に位置する介護専用型有料老人ホーム

介護専用型、介護付有料老人ホーム「ブランニュー杉並高井戸」(Brand New杉並高井戸)は京王井の頭線の「富士見ヶ丘駅」と京王線「芦花公園駅」の丁度中間に位置し、どちらの駅からも徒歩で約12~3分の距離です。わかり易さで言えば、「富士見ヶ丘駅」から徒歩の方が、ほぼ1本道でブランニュー杉並高井戸の手前で左折するだけで辿り着けます。

建物は2階建で、周辺の景色によくマッチした落ち着いた趣のある外観です。
私が見学にお邪魔した際には、入口にはキャラクターのミッフィーがお迎えをしてくれました。(※後でお聞きしたところによると、ミッフィーの版権を得てキャラクターにしているとか・・)
玄関先には十分な広さの駐車場も完備されているので、ご家族へのご面会でお車でお越しになられても問題無いと思います。


明るく開放感のあるエントランス

ブランニュー杉並高井戸の1階玄関エントランスを入ると、目の前にリビングフロアがあり、開口の大きな窓の外にはオープンテラスが用意されています。
お天気の良い日などは、テラスで外の空気を吸われながら、ゆっくりとしたお時間をお過ごし頂けそうです。

お食事は株式会社LEOCが提供し、全国ご当地巡りと称して全国の郷土料理の提供や、スイーツ界の巨匠、自由が丘の有名店モンサンクレールで有名なパテシエ「辻口博啓」氏と、LEOCとのコラボでスイーツを召し上がる事ができるようです。

ご当地料理を巡る旅に皆さまをお連れいたします。


緊急時の災害対策もバッチリ

テラス横には非常時の災害に対応する、かまども用意し移動式発電機も常備しています。昨今の介護施設では定番になりつつありますが、こういった準備が出来ている施設だと非常時にも安心できるアイテムだと思います。

今回はオープン前という事もあり、厨房内も見学させて頂きました。

この施設へのご相談、資料請求・ご見学はコチラをクリック


共有部の設備が充実

共用部のトイレはかなり広く、ベビーチェアやオストメイトも設置されており使い勝手の良さそうなレイアウトです。

介護専用型という事もあり、機械浴は寝たきりの状態でも入浴が可能な、ストレッチャータイプの機械浴を完備しています。

介護度の軽い方には、通常の個浴のご用意も勿論ありますのでご安心ください。

座位が保てる方にはリフトタイプのお風呂もご用意しています。

御家族がお越しになられた際などにご利用できそうな、明るいお部屋もあります。

この施設へのご相談、資料請求・ご見学はコチラをクリック


居室にも色々な工夫が・・・

老人ホームの場合、そのフロアにあるお部屋の扉は同じ色合いなので、場合によってはご自身のお部屋を間違ったりする場合もあります。「ブランニュー杉並高井戸」では、マグネット式のクリアパネルで思い出の写真などをお部屋の前に掲示する事で、ご自身の思い出と共にお部屋を確認する事ができます。

病院や介護施設で、徘徊などの症状がある方によく利用される、離床センサーというのがあります。これはベッドの横に敷くセンサーで、ベッドから降りて体重が掛かった際にナースコール信号が通報されるシステムですが、じつはココのブランニュー杉並高井戸では、パラマウントベッドが開発した、非装着型の睡眠センサー「眠りSCAN眠りスキャン)」が導入されています。

この「眠りSCAN」かなりの優れもので、通常は睡眠センサーと言えば、身体にセンサーを装着し、睡眠時の状態をモニタリングしますが、この「眠りSCAN」はベッドのマット下に敷く事で、その方が起きてるのか寝ているのか、は勿論寝返りのタイミングや、睡眠から覚醒、起き上がり、離床のモニタリングや、睡眠時の呼吸数の変化などもモニタリングし、異常があれば当番の介護職員へアラートを出す事も出来ます。

その日勤務する介護職員は、iPodで状態を把握する事ができ、夜間睡眠時にトイレに行かれる行動を事前に察知する事で、無闇なラウンドによってご利用者様の睡眠を妨げる事なく、夜間安全にトイレ誘導する事が可能です。ヒヤリハット対策としてはかなり優れものではないでしょうか。

その他、お部屋や共有部の建物内で万が一転倒された場合、骨折されるケースが多いのですが、ブランニュー杉並高井戸では衝撃吸収フロアの「ネクシオ」(㈱ノダ)を導入する事で、万が一の転倒時の骨折リスクを低減しています。

お部屋のお手洗いをご利用時にも、トイレまでのアクセスをスムーズにするために、1枚のスライドドアにするのではなく、車椅子でも容易にアクセスが可能な設計になっています。
またお部屋の壁紙は2タイプからお選びいただく事ができるので、通り一辺倒な老人ホームのお部屋の雰囲気を変える事ができます。

フック・マグネットのどちらでも利用ができるピクチャーレールが設置されていたり、ちょっとした心遣いが嬉しいお部屋です。


手厚い介護と高齢者施設運営実績のミサワホームのノウハウ

2階建て33室という小規模の利点を活かし、きめ細やかなサービスと協力医療機関である浴風会病院との連携により、安心の介護サービスを提供しようとする、トリニティ・ケア社の想いが随所に詰まった介護付有料老人ホームです。
ご入居に必要な料金プランも月額費用を少し多めにお支払い頂くプランと、ご入居時の年齢に応じた入居時費用をお支払い頂くプランが用意されていますので、ご予算に応じての選択が可能です。

2016年5月オープンという事もあり、まだまだこれからご入居者様が集まりますが、今後は様々なノウハウの元、ご入居者様に合わせたサービスに期待したいと思います。

この施設へのご相談、資料請求・ご見学はコチラをクリック

田中 宏信
「関東有料老人ホーム紹介ンター」を運営する(株)エイジプラス東京支社 支社長。自身の両親の介護経験を活かし、同じように在宅介護でお悩みをお持ちのご相談者向けに、老人ホーム選びのアドバイスやセミナーなども行っています。
関東有料老人ホーム紹介センター 10:00〜17:00 ※土日祝は休み 北海道・東北・関東エリア 0120-605-419【通話料無料】