シニアライフ徒然草

ポータブルトイレの選び方

自宅内でトイレに行けなくなったときには、ポータブルトイレが大変便利です。 ポータブルトイレは高価なものが多いため、しっかり選びたいと思います。また、居室でトイレを置くことは抵抗があることも多いので、必要性をよく検討しましょう。

イラスト いらすと屋

老人ホームのご相談、資料請求・ご見学はコチラをクリック


排せつ関係の介護について

疾患、麻痺等で思うように排せつができない場合、排せつケアが必要になります。
排せつ動作は排せつ行為だけでなく、ベッド、もしくは布団からの起き上がり、立ち上がり・トイレまでの移動・便座での立ち座り・衣服の上げ下ろし等の動作が必要になります。

ポータブルトイレはトイレまでの移動が行えない・腸の知覚が弱り尿意、便意を感じてからトイレに行くまで間に合わない・ふらつきにより夜間の移動が危険である場合に適しています。


ポータブルトイレの種類

ポータブルトイレには大きく分けて「樹脂製」と「家具調」の2種類があります。

樹脂製ポータブルトイレ
樹脂製の特徴は価格が安く軽量で持ち運びが容易です。また、丸洗いが可能です。
欠点はそれがトイレであるということがわかることです。居室に置くことに抵抗がある方もいらっしゃいます。
普段は押入れ等に閉まって置き、夜間など必要な時に出して置いておく使い方ができます。

家具調ポータブルトイレ
家具調ポータブルトイレは樹脂製ポータブルトイレの欠点を解消しました。木製の本体にクッションがついた蓋により、蓋をするとまるで椅子のような形をします。
機種によっては洗浄機能、座面暖房機能、消臭機能や操作盤が付属しているものもあります。そのような機種は電源供給が必要な場合があり、ポータブルトイレの置き場所が限定される場合があります。
トイレとして使用しない場合は家具として使うことを想定して作られているため、収納の出し入れは得意ではありません。
本体は20kg程度の重量があり、持ち運びは難しいでしょう。また、本体の丸洗いはできない機種もあります。

老人ホームのご相談、資料請求・ご見学はコチラをクリック


ポータブルトイレの選び方

ポータブルトイレがどのくらいの頻度で必要なのかを把握しましょう。普段は使用せず、夜間だ出して置く方ならば樹脂製ポータブルトイレでもよいかもしれませんし、部屋が寒く、座面が冷たいと感じる方は家具調ポータブルトイレの暖房機能を使用するのも一つの手です。心臓疾患、高血圧の方は便座が冷たいと急激に体温が奪われ危険です。

介護保険を利用しての購入は、他の福祉用具と同じようにその商品を選んだ理由と、その商品を利用することによって得られる効果を明確にしておく必要があるため、ケアマネジャーや専門家としっかりと話し合いをしましょう。


ポータブルトイレを購入する前に確認しておくべきポイント

ポータブルトイレを購入する前に確認しておくべきポイントは、他に排せつの手段はないか排せつ物の処理は誰が行うかポータブルトイレの洗浄は誰が行うか設置場所はどこか、等を確認する事で排せつ動作が向上します。

排泄物の処理や消臭剤の投入、ポータブルトイレの洗浄は誰が、どのくらいの頻度で行えるかをしっかりと確認しておかないと、ポータブルトイレに臭いが残り、不衛生となります。

また、布団、ベッドからポータブルトイレへの移乗動作を確認することでひじ掛け跳ね上げはどのような様態が適切か、蓋の動きやトイレットペーパーは左右どちらに取り付ければよいか、等の詳しい選定が行えます。


水洗式、自動排せつ処理機能付きポータブルトイレ

工事が必要ですが、水洗機能をもったポータブルトイレがあります。排せつ物の処理をする必要がなく、常に清潔なポータブルトイレを保つことができるタイプがあります。

また、排せつ物をラップで包み、自動で封をし、そのままごみに出せる機能を持ったポータブルトイレもあります。 処理の仕方によってはこのような機能を持った機種を選ぶのもよいかもしれません。

老人ホームのご相談、資料請求・ご見学はコチラをクリック

老人ホーム紹介センター 住まいるケア 
北海道から九州沖縄まで、全国で高齢者設や高齢者住宅をお探しの方に、ご希望条件に沿って約4500件の有料老人ホームやサービス付き高齢者住宅の中から、ご紹介いたします。ご相談実績は年間20000件、相談窓口は関東・東海・関西・九州にございますが、ご相談は全国各地から承ります、お気軽にご相談ください。経験豊富な当社相談員が最適な有料老人ホームや高齢者住宅選びのお手伝いを致します。
関東有料老人ホーム紹介センター 10:00〜17:00 ※土日祝は休み 北海道・東北・関東エリア 0120-605-419【通話料無料】