シニアライフ徒然草

介護用リフトでできる在宅介護

大きくて高価な介護用リフトは、介護保険における福祉用具貸与の対象となっています。 むずかしそう・・・という食わず嫌いをなくし、積極的にリフトを使用し在宅介護の負担を軽減しましょう。今回はいくつかある介護リフトの種類をご紹介します。

老人ホームのご相談、資料請求・ご見学はコチラをクリック


移動用リフトの種類

(天井走行リフト)
天井走行リフトはレールを設置しリフトによって吊り上げることで移乗が行える福祉用具です。 設置については下記の方式があります。

組み立て式
組み立て式は工事を行わず、各パーツを組み立てることで設置ができます。直線しか移動できない、支柱間の移動しか行えないことが欠点です。

レール後付け式
レールを天井や壁に固定することで省スペースを図ることができます。強度の強い壁、天井でないと固定ができないですが、壁際まで移動できるためベッドや車いすの置き方も増えます。

レール埋め込み式
天井を工事することでレールを埋め込みます。レールによっては曲線や十字など複雑な移動も行うことができます。

(床走行リフト)
車輪付きのリフトを移動させることができるリフトです。リフト自体を移動させることができるため、使用しない場合は閉まっておくことができます。
立ち上がり、立位保持を補助するスタンディングリフトや、ベッドから車いすへの移乗が可能です。
バッテリー駆動の種類もあり、停電時でも使用可能ですが、リフト自体が重く段差を超えることは不可能です。

(可搬型階段昇降機)
階段昇降のためのリフトです。車いす一体型と、車いす脱着式があります。 操作には訓練、研修が必要ですが、介護保険貸与が可能のため安価で使用できます。

(浴室用リフト)
浴槽を跨がなくとも入浴が行えるリフトです。 浴槽の縁に座面を置き、座面が昇降することで浴槽に入ることができます。

老人ホームのご相談、資料請求・ご見学はコチラをクリック


リフトの使用シーン

リフトを使用する目的は「介助負担の軽減」です。 持ち上げる、抱える介護では介助者の腰痛リスクが高いです。また、無理に持ち上げようとして介護者の身体に負担がかかる危険もあります。拘縮や骨折等での持ち上げはさらに悪化する危険性もあります。
リフトを使用すれば双方の負担なく移乗、移動が行えます。立ち上がり、立位保持、座位保持、移乗にリフトを使用すれば、スムーズな介護が行いやすくなります。


リフト吊り具について

リフトを使用する場合、リフトに加え吊り具が必要になります。
吊り具にも様々な種類があります。体全体を包み込むタイプや、足を出すタイプもあります。適切な吊り具の選定は専門家と一緒に、数種類の吊り具を試しながら選んでいくとよいでしょう。


リフトの使用について

リフトを使用するには、吊り具の取り付けとリフト操作が必要です。

(吊り具の取り付け)
寝たきりの方に吊り具を取り付ける場合、側臥位を保持して吊り具を置き、仰臥位にもどし身体をサポートします。
これはスライドシートの使用方法ににているのですが、このことを知っているか知らないかでリフトの使用について変わってきます。 すなわちリフトを使用するには、リフトのサポート方法からリフトへのかけ方、電動機能までの使用には知識と練習が必要ということになります。
特に可搬型階段昇降の使用には専門家との練習、駆動テストが必要です。

老人ホームのご相談、資料請求・ご見学はコチラをクリック


リフトの選定~練習について

リフトが必要であると判断されたら、範囲、使用頻度、使用制限等の注意事項を考慮し、最適なリフトを選定します。この際、リフトにできることと、できないことをしっかり理解することが重要です。
福祉用具展示室があれば、そこでデモンストレーション、練習することもおすすめです。


リフトの事故について

リフト使用時の事故の原因は、機器の故障や吊り具のかけ方、吊り具の支え方が間違っている場合が多いです。
リフトや吊り具の定期的な点検、めんどくさがらずに正しい吊り方を学び、実践することが重要です。


おわりに

設置には大きくて、扱い辛そうで難しそうなリフトですが、使用方法や注意事項をしっかりと理解すれば介護負担の軽減につながります。
福祉施設だけでなく在宅でも、必要であればリフトを導入するのも一つの手段と考えるのもよいでしょう。

老人ホームのご相談、資料請求・ご見学はコチラをクリック

老人ホーム紹介センター 住まいるケア 
北海道から九州沖縄まで、全国で高齢者設や高齢者住宅をお探しの方に、ご希望条件に沿って約4500件の有料老人ホームやサービス付き高齢者住宅の中から、ご紹介いたします。ご相談実績は年間20000件、相談窓口は関東・東海・関西・九州にございますが、ご相談は全国各地から承ります、お気軽にご相談ください。経験豊富な当社相談員が最適な有料老人ホームや高齢者住宅選びのお手伝いを致します。
関東有料老人ホーム紹介センター 10:00〜17:00 ※土日祝は休み 北海道・東北・関東エリア 0120-605-419【通話料無料】