シニアライフ徒然草

音楽療法の効果と事例

最近注目されつつある「音楽療法」有名アーチストが介護施設を慰問したり、大学生が音楽療法を学ぶために介護施設を訪問したり、介護に関するセラピーという面での音楽活用について考えてみます。

この施設へのご相談、資料請求・ご見学はコチラをクリック


音楽療法とは

音楽療法とは、音楽を使い歌唱、身体運動、楽器演奏といった活動、コミュニケーションを行うことで楽しみながら脳や心身の活性化、介護予防等を行っていく活動です。

レクリエーションとは違い、認知レベル、施設の特色、利用者に個別に応じたプログラムを作成し、セラピーとして継続的に行っていくのが特徴です。また、セラピーは記録し、効果の可視化を図っていきます。 音楽療法を担当する音楽療法士は、「日本音楽療法学会」が定める認定音楽療法士の資格を所有しています。 音楽療法士もまた、リハビリ等のセラピストとして活動しています。

参考:日本音楽療法学会
http://www.jmta.jp/qa/


音楽療法にはどんな効果があるのか

身体や障害を持っている人に対し、音楽を用いたリハビリを行うことで障害の回復や生活の質の向上ができることが、音楽療法の効果です。

音楽療法は高齢者福祉だけでなく、児童福祉においても効果があります。また、自閉症脳性まひ認知症にも効果があるとされています。

音楽療法には「受動的音楽療法」といわれるものと、「能動的音楽療法」といわれるものがあり、受動的音楽療法とは音楽などを聴かせる事を音楽療法と表現し、懐かしい音楽や、リラックス効果の高い音楽を流す事で、無意識に自然と懐かしい音楽が耳に入り、リラックス効果が得られます。

もう一つの能動的音楽療法は、音楽に合わせ身体を動かず、歌を歌う事を音楽療法といい、自ら参加することで楽しいという感覚や、人と一緒に行動することで協調や交流が改善されます。
楽しく運動できることで、運動機能の改善にもつながることがあります。

参考:北海道大学論文 在宅高齢者に対する受動的音楽療法の生理的・心理的効果
http://eprints2008.lib.hokudai.ac.jp/dspace/bitstream/2115/14683/1/2005-97-69.pdf

この施設へのご相談、資料請求・ご見学はコチラをクリック


音楽療法に必要なもの

音楽療法に必要なものは、ピアノ、CDプレイヤー等です。
音楽療法の業者によっては他にも字を各ためのホワイトボード、テレビなどが必要になる 場合があるので、利用の際は確認が必要です。

また、音楽療法は継続的な活動であるため、経過の観察やスケジュール組みが必要になってきます。介護施設であればご入居者様の通院などのタイミングや、他リハビリとの調整が必要になるケースもあります。


今後音楽療法が一般的にも広く取り入れられる事を期待

科学的な立証はわかりにくい音楽療法ですが、効果やエビデンスを検証してもっと広まってほしいと思います。
また、普段の生活や辛いリハビリにおいても、積極的に音楽を取り入れることも大切ではないでしょうか。

この施設へのご相談、資料請求・ご見学はコチラをクリック

老人ホーム紹介センター 住まいるケア 
北海道から九州沖縄まで、全国で高齢者設や高齢者住宅をお探しの方に、ご希望条件に沿って約4500件の有料老人ホームやサービス付き高齢者住宅の中から、ご紹介いたします。ご相談実績は年間20000件、相談窓口は関東・東海・関西・九州にございますが、ご相談は全国各地から承ります、お気軽にご相談ください。経験豊富な当社相談員が最適な有料老人ホームや高齢者住宅選びのお手伝いを致します。
関東有料老人ホーム紹介センター 10:00〜17:00 ※土日祝は休み 北海道・東北・関東エリア 0120-605-419【通話料無料】