シニアライフ徒然草

小田急沿線経堂駅下車、静かで便利な住宅街 小田急が運営する【レオーダ経堂】

小田急電気鉄道グループが運営するサービス付高齢者住宅ブランド「レオーダ」。今回は紹介会社向け見学会が開催されましたので、早々「レオーダ経堂」にお邪魔してきました。数多あるサ高住の中で、小田急グループが運営する「レオーダ経堂」のポイントを探っています。

土地・建物 小田急電鉄株式会社所有

この施設へのご相談、資料請求・ご見学はコチラをクリック


小田急グループが運営するサービス付高齢者向け住宅

小田急小田原線「経堂駅」もしくは「豪徳寺駅」から徒歩数分に、小田急電鉄株式会社のサービス付高齢者向け住宅「レオーダ経堂」があります。

直ぐ近くには、地元の子供達がお母さんと一緒に公園で遊んでいる姿を見る事ができます。子供達の笑顔、笑い声がある公園があるというのは、安心して小さな子供を育てる事ができる地域だとおのずと感じる事が出来ます。

近くには、小田急のスポーツクラブやスパもあります。

この施設へのご相談、資料請求・ご見学はコチラをクリック

電車以外にも、近くにはバス停もあり、渋谷まで1本です。


ご入居者様の87%は女性

経堂駅から徒歩8分の利便性の良い立地は、ご入居者の満足度を上げる要因の一つです。
まして、比較的お元気なご高齢者にとって、普段買い物に行って、ご自身でお料理を作り、お友達と楽しく会話をする、という事が日常でありながら大切な事だと思います。
特にレオーダ経堂のご入居者の内87%は女性の方(2016年4月現在)だとか。
また介護度も、自立~要支援の方が多く、皆様よくお出かけになられるそうです。

各お部屋には、もちろんトイレ、浴室が完備されています。お部屋の広さは26㎡~28㎡程ですが、IHのキッチンがお部屋にありますので、女性の方はご自身で自炊される方も沢山いらっしゃるそうです。

この施設へのご相談、資料請求・ご見学はコチラをクリック

男性の方や、ご自身でお料理をするのが面倒、という方には1階に食道があり、厨房で料理された食事を召し上がって頂けます。朝食は洋食・和食の選択制で、お好みに応じて召し上がって頂く事ができます。


介護が必要な方には、介護浴室もご用意

お部屋に浴室はありますが、介護保険サービスを使って、入浴介護が必要な方には、チェアリフトタイプの介護浴室があります、また見守りや入浴介助が必要な方には、共有部の少し広めの一般浴室で安心してご入浴頂く事ができます。


レオーダ経堂の費用に記載されている 基本サービス費とは

月額に掛かる費用を見ると、少し高めに感じます。というのも、賃料、管理費、食費(食堂ご利用の方)以外にも、基本サービス費が45,000円かかります。
この基本サービス費、いったい何ぞや??
と思い、質問をさせて頂きました。
・フロントサービス(各種取次ぎなどを行います)
・緊急時の対応(お部屋からの緊急コール時の対応
・様々なイベント&アクティビティの実施
・サ高住要件である生活相談サービス(身の回りのお困りごと相談
・様々な場面において安否確認サービス(食事の際、ゴミ回収の際、室内センサー、定期巡回、等)

上記のようなサービスを内包しているそうです、ご入居される方のお身体のご状態によっては、必要以上のサービスもあれば、物足りないサービスもあるかもしれませんが、基本サービスとして提供されます。
それ以上のサービスを必要とする方には、介護保険をご利用頂いたサービスの他に、オプションでの食事介助や、館内の移動時の介助があるそうです。

この施設へのご相談、資料請求・ご見学はコチラをクリック

介護保険を利用した、訪問介護サービスは小田急グループが運営する、小田急ライフアソシエ豪徳寺事業所などから提供が可能です。


お部屋は明るい白を基調とした内装

レオーダ経堂の各お部屋は、明るい白を基調としたお部屋になっています。建物のすぐ横を小田急線が走っていますが、窓を閉めているとほとんど音は聞こえません。
お部屋に最初から設置されている設備は、キッチン(IHタイプの2口コンロ付シンク)、浴室、トイレ、洗濯機置き場、エアコンが付いています。
照明器具や、ベッド(介護サービスを使われる方はレンタル)テーブル、チェアなどは個々にお持込頂けます。
モデルルームに設えてある家具と同じモノを購入する事も可能だそうです。


サービス付高齢者住宅の特徴は・・・

レオーダ経堂を見学させて頂いて、正直な感想は
比較的お元気な方にはご満足いただけるサ高住ではないかという事です。
建物の4階、5階にはウッドデッキがあったり、窓から富士山が見えたりしますが、設備だけを見ると、「介護が必要な方向け」という印象は受けません。

既存のご入居者様のご様子を伺うと、冒頭に述べた通り女性のご入居者様がとても多く、普段からご入居者同士、楽しく「おしゃべり」をされていたり、アクティビティで紙粘土を使った沖縄の「シーサー」作りを楽しんだりされているそうです。

見学時にお会いしたご入居者様も、とてもお元気で「老人ホームに入る」というイメージの方ではありません。お買い物ついでに少し散歩されたり、仲の良い方同志でショッピングに行かれたりと、ご自宅でお暮しになられているのと何ら変わらないご生活をされています。

この施設へのご相談、資料請求・ご見学はコチラをクリック

レオーダ経堂の魅力は、実はそんな所にあるのかもしれません。
・小田急グループが運営する、安心の運営母体
・お元気な方が、今まで通りご自宅でお過ごしになられていたライフスタイルを変える事なく生活ができる
・見守りサービスをはじめ、適度な距離感での安心感がある。
介護が必要になった場合でも、介護サービスを安心して受ける事ができる。
私が感じたのは、この4つのキーワードが、マッチした時に、ご入居される方に喜んで頂けるサ高住だと感じました。

食事も試食させて頂きました。厨房サービスはLEOCに依頼しているそうですが、ご入居者様のご希望もお聞きしながらメニュー構成を考えておられるそうです。


サ高住といてども様々な特徴があります

サービス付高齢者住宅【サ高住】といっても、介護サービスに注力したサ高住もあれば、今回のレオーダ経堂のように、どちらかというと比較的自立の方向けにサービスの主眼においているサ高住など、運営方針や運営会社によって考え方は様々です。

レオーダ経堂の入居要件は60歳以上で、継続して費用がお支払できる経済的問題が無い方、自立から要介護の方。という事ですが、しかしながら重度の介護状態や、医療依存度の高い身体状況になった場合、訪問介護や訪問看護サービスだけでは事足らない場合もあります。
そのような場合は、今現段階ではベネッセスタイルケアの有料老人ホームのご紹介などをされているそうです。

お買い物などにも便利で、まだまだ元気に暮らしたい、でも見守など適度な距離感で安心感を得ていたい、とお考えの方にはおススメのサービス付高齢者住宅が「レオーダ経堂」ではないでしょうか。

この施設へのご相談、資料請求・ご見学はコチラをクリック

記事 関東有料老人ホーム紹介センター 田中

田中 宏信
「関東有料老人ホーム紹介ンター」を運営する(株)エイジプラス東京支社 支社長。自身の両親の介護経験を活かし、同じように在宅介護でお悩みをお持ちのご相談者向けに、老人ホーム選びのアドバイスやセミナーなども行っています。
関東有料老人ホーム紹介センター 10:00〜17:00 ※土日祝は休み 北海道・東北・関東エリア 0120-605-419【通話料無料】