シニアライフ徒然草

福祉用具の定義【車いす編】

車いすは介護保険のレンタルが可能です。ところで、車いすにはどのようなものなのでしょうか。介護保険で使用できる車いすと、使用できない車いすとは違いがあるのでしょうか。今回は、介護保険で貸与できる福祉用具としての車いすを今一度考えてみようと思います。

老人ホームのご相談、資料請求・ご見学はコチラをクリック


車いすの定義

車いすとは、座って移動ができる椅子です。
座って移動することが主な目的であるため、立位が取れない人や、歩行ができない人が使用します。
車いすがなければ、座ったままで移動することができず、能動的に行動することはできません。トイレにも行くことができず、ベッド周辺のみの生活となってしまっては、生活の質(QOL)が悪くなってしまいます。

そこで車いすを使用することで屋内の移動が行え、自分で移動が行えるようになります。 また、買い物や通院など長距離の移動も行えます。買い物ができれば他人と話す機会もあります。移動ができるということは、生活の質も上げることができ、社会進出もできるのです。
座っている姿勢も重要です。車いすには、安楽な姿勢を保持できる機能もあります。 まとめると、座ることと移動すること、この2つの動作を安定して行うために車いすは存在します。


福祉用具の意義

福祉用具の定義は、心身の機能が低下し日常生活に支障がある老人または心身障碍者の「日常生活上」の便宜を図り、「自立した生活をいとなむ」ための用具、また機能訓練のための用具や補装具のことです。

「日常生活上」「自立した生活」がキーワードとなります。
日常生活上に必要なものを前提としているため、スポーツタイプや特殊な車いすは介護保険の適用はされません。また、日常生活以外の目的に使用することも許されません。
自立した生活を目指すため、操作が難解な機種やデザイン重視の機種は介護保険の使用ができない場合が多いです。

老人ホームのご相談、資料請求・ご見学はコチラをクリック


JISマーク

近年、福祉用具にもJISマークの普及が見られます。
JIS規格は日本工業規格(Japanese Industrial Standards)の略称で、寸法などをメーカーを超えて標準化させる規格のことです。
現在JIS規格が適用されている福祉用具は手動車いす、電動車いす、特殊寝台、スロープ、ストーマ、リフトなどです。
市町村によっては、JIS規格に認定された福祉用具しか貸与を認めないこともあります。 規格を統一することで、メーカーの競争を促進させるとともに、安全性の向上も期待できます。

参考:国立障害リハビリテーションセンター
http://www.rehab.go.jp/ri/event/assist/papers/11.pdf


福祉用具としての車いす貸与の考え方

介護保険での福祉用具貸与できる車いすは、車いすであること、福祉用具であること。(また、JIS規格であること)が要件となっています。これらをふまえて、ある市の考え方を例にだして福祉用具を考えていきます。


自走標準型車いす

JIS規格のうち自走用に該当するもの、または準ずるものをさします。
座位変換型、自走スポーツ型、自走用特殊型のうち要介護者が日常生活以外でもっぱらしようする、特別な用途の場合は除かれます。

老人ホームのご相談、資料請求・ご見学はコチラをクリック


普通型電動車いす

JIS規格に該当するもの、または準ずるものをさします。操作機能はジョイスティックレバー、ハンドル型いずれも含みます。
電動補助装置を取り付けることにより電動車いすと同様の機能を有するものは「自走用、介助用標準型車いす」として扱われます。電動補助装置はあくまでも「車いす付属品」として扱われます。


介助用標準車いす

JIS規格のうち介助用に該当するものと、それに準ずるものをさします。座位変換型機能を含む、浴用型、特殊型は除かれます。
*座位変換型とはティルト、リクライニング機能を有する車いすのことです。


車いす付属品

クッションやテーブル、電動補助装置や付属ブレーキなどは車いす付属品として扱われます。単独で使用するものではなく、車いすと併用して使用することが鉄則です。そのため、車いす付属品単品でのレンタルは不可です。
また、市によってはその効果が期待されないと判断され、貸与が許可されない商品もあります。
経緯や実績が考慮されますので、隣の自治体では認可されているにもかかわらず、当自治体では認可されていない場合もあります。

以上が福祉用具としての車いすの定義です。
特殊な車いすや付属品を使用したい場合の参考にしていただき、それでもわからなければ各市町村の判断にゆだねる必要があります。

参考:富士宮市 介護保険福祉用具貸与の対象となる製品の考え方について
http://www.city.fujinomiya.shizuoka.jp/citizen/llti2b00000018pf-att/sceu1h0000004yrj.pdf

老人ホームのご相談、資料請求・ご見学はコチラをクリック

老人ホーム紹介センター 住まいるケア 
北海道から九州沖縄まで、全国で高齢者設や高齢者住宅をお探しの方に、ご希望条件に沿って約4500件の有料老人ホームやサービス付き高齢者住宅の中から、ご紹介いたします。ご相談実績は年間20000件、相談窓口は関東・東海・関西・九州にございますが、ご相談は全国各地から承ります、お気軽にご相談ください。経験豊富な当社相談員が最適な有料老人ホームや高齢者住宅選びのお手伝いを致します。

関東有料老人ホーム紹介センター 10:00〜17:00 ※土日祝は休み 北海道・東北・関東エリア 0120-605-419【通話料無料】