シニアライフ徒然草

NTTグループ お洒落な佇まいのサ高住【ウェリスオリーブ津田沼】

NTT都市開発が運営するサービス付高齢者住宅「ウェリスオリーブ津田沼」は新小岩に続く2番目のサ高住です。今回の介護サービスはNTTグループのテルウェル東日本が提供します。1階にデイサービスが併設され、建物内にはデイサービス以外にも、居宅支援事業所、訪問介護事業所も併設され、介護面でも安心です。

土地・建物所有

この施設へのご相談、資料請求・ご見学はコチラをクリック


JR津田沼駅からバスで約6分で最寄りのバス停に

NTT都市開発が運営する「ウェリスオリーブ津田沼」はJR総武線「津田沼」駅下車北口から6番から出ている京成バスに乗り、「管理事務所前」バス停下車徒歩2分程度の場所にあります。

周辺環境はすぐ隣にスーパーがあり、セブンイレブンのコンビニなど、お買い物にはとても便利な立地で、生活するには住宅地でもあり静かな環境で住みやすい環境だと思います。


周辺の一般の方にも開放される「つなぐカフェ」

ウェリスオリーブ津田沼はデイサービスが併設されており、同じく同一建物内に周辺にお住まいの方でもご利用が可能なカフェがあり、お食事の提供もございます。
ご入居者の方は勿論、周辺にお住まいの方にも開放しています。

この施設へのご相談、資料請求・ご見学はコチラをクリック


公共事業で伐採された資源を有効利用

エントランスを入ると、正面にはウェリスオリーブ津田沼の館内の至る所に利用されている、間伐材を使った家具やウッドパネルなど、様々な木製品が利用されています。
この間伐材は、公共事業などで伐採された材木を産業廃棄物処理をせずに、一旦製材し有効利用されています。


つなぐTOWNプロジェクト

NTT都市開発は今後、ファミリータイプ向けのマンションと「ウェリスオリーブ」シリーズのサービス付高齢者住宅を関東を中心に開発を行われるそうです。
ひとつの街としてファミリーと高齢者のコミュニティ形成を目的とするプロジェクトで「つなぐTOWNプロジェクト」と命名されています。
NTTグループが以前保有していた社宅跡地が候補地となっており、今後続々と開設していく予定です。


シアタールームや娯楽室でご入居者同士のコミュニケーション

1階には、デイサービスやつなぐカフェの他、ウエリスオリーブの定番であるシアタールームや娯楽室が完備され、娯楽室では今後は囲碁や将棋、麻雀などが楽しめるスペースになる予定です。

その他、コシェルジュデスクがエントランス横にありますので、日常生活でのご相談などは介護サービスのテルウェル東日本さんがご相談にのって頂けます。

この施設へのご相談、資料請求・ご見学はコチラをクリック


1階の居室空間はペット可

1階の居室4部屋はペット可になっています、小型犬サイズが2頭までなら可能です。1階のお部屋には、玄関を通らず直接外部にアプローチ出来るように、裏口が用意されており、お散歩などが容易に行けるようになっています。


自立の方にピッタリのお部屋と、介護の方に合ったお部屋

ウェルスオリーブ津田沼のお部屋は、お元気な方向けの比較的広いお部屋と、介護の方向けの一般的な介護個室のような20平米のお部屋に分かれています。

自立向けのお部屋は、システムキッチンも一般のサイズで、IHコンロ2口、食器収納なども十分なスペースが確保されています。
ウェリスオリーブ津田沼の隣にあるスーパーで食材を買い出しし、お部屋で普段通りのお料理をする事ができます。

シンクの下には収納できるスペースがありますが、椅子に座っての洗い物や、車いすでのアプローチが出来るようになっています。

介護居室には緊急コール用のボタンがベッドサイドに用意されていますが、一般居室の場合、ベッドの配置などお好みで設置されるケースが多いので、据え付けの緊急コールボタンは、浴室とトイレに設置されていますが、ベッドサイドにはペンダントタイプのコールボタンが用意されています。

一般居室の浴槽も大きく、通常のマンションと変わらない設備が充実しています。

ウエリスオリーブ津田沼の自立の方向けのお部屋に入って、自分の目でみたイチバンの感想は「収納スペースの多さ」です。
玄関を入ると十分な大きさの下駄箱スペースがあり、廊下のちょっとしたデッドスペースや、脱衣場のデッドスペースなどを有効に利用した収納があちらこちらにあります。

洗濯機スペースも十分です。

お部屋の広さも十分にあります。

この施設へのご相談、資料請求・ご見学はコチラをクリック


1Kタイプのお部屋でも十分な機能

1Kタイプの自立向け居室もあり、とはいえお部屋のスペックは十分で、シンク、食器収納などお独りで自立された生活ができる機能が備わっています。

昼の陽気な日差しがお部屋を明るく照らします


介護居室は少し違うテイストで

介護居室はドアの形状も引き戸に変更し、お部屋の床についても自立タイプの床は一部床暖房がはいっており、クッションフロアの加工がされていますが、介護居室の床は車いす使用に対応するために少し硬めの床材になっています。
(下の自立向け居室とは、色合いのテイストも違うのがわかると思います。)


フロアごとにデザインカラーを変更

自立の方と介護の方がフロアに分けられて住まわれるのですが、ウェリスオリーブ長津田では、残念ながらエレベーターは1基です。
介護の方向けのフロアについては、エレベーターは非接触型のカードをかざすか、暗証番号によって、エレベーター操作をする事が可能です。
そのエレベーターを降りると、各階で色を変えたフロアカーペットが敷かれており、エレベーター前にも、家具職人の手作りによる、伐採された木材から作られたベンチがあります。

この施設へのご相談、資料請求・ご見学はコチラをクリック


4階屋上にはミニ庭園があります

見学に伺った日は、翌日までの雨が嘘のように、快晴が広がっていました。天気が良ければ富士山も見える時があるそうです。
実際には庭園というより、様々な木の幼木が植えられており、成長が楽しみです。


リビングも落ち着いた作り

リビングに設置されているソファー、ダイニングテーブル、チェアーなども全て、伐採された木材4種類を組み合わせて作られています。 時に介護フロアの椅子については、重さを感じさせないように、足の設置面積を小さくする事で、摩擦を低減させて弱い力でもいすが引けるような心遣いが見えました。


ウェリスオリーブ津田沼

今回のウェリスオリーブ津田沼は、新小岩に続く2棟目のサ高住ですが、今後は「つなぐTOWNプロジェクト」をコンセプトに、敷地面積が十分確保出来るのであれば、ファミリータイプマンションと隣接した開発を行うそうです。
今後の開業予定は、町田、練馬、神奈川方が今ほぼ決まってるという感じだそうです。

この施設へのご相談、資料請求・ご見学はコチラをクリック

記事 関東有料老人ホーム紹介センター 田中

田中 宏信
「関東有料老人ホーム紹介ンター」を運営する(株)エイジプラス東京支社 支社長。自身の両親の介護経験を活かし、同じように在宅介護でお悩みをお持ちのご相談者向けに、老人ホーム選びのアドバイスやセミナーなども行っています。

関東有料老人ホーム紹介センター 10:00〜17:00 ※土日祝は休み 北海道・東北・関東エリア 0120-605-419【通話料無料】