シニアライフ徒然草

  • 【お身体の状況で選ぶ編】老人ホーム紹介センター相談員が本音で語る 知っておきたい老人ホームの基礎知識

【お身体の状況で選ぶ編】老人ホーム紹介センター相談員が本音で語る 知っておきたい老人ホームの基礎知識

費用編では予算について色々なお話しをしました。そして費用と同様に老人ホーム選びの際に大切なのは、お身体の状況に応じた老人ホーム選びをする必要があるという事です。費用面も無視できなければ、同様に身体状況応じた施設選びも無視できない条件です。


高齢者の住まい選びのポイントその②【身体状況に応じた施設選びの条件】

有料老人ホームでも、サ高住でも入居時の受け入れ要件というのがあります。これは年齢条件であったり、介護度がまず指針となります。
介護付有料老人ホームの場合、基本的には65歳以上の年齢条件が多く、これは介護保険制度上、1号被保険者が65歳以上となっており、65歳以上の要支援・要介護者が対象となります。もちろんホームによっては、65歳未満の自立の方でも自立支援費用を徴収し、60歳自立という方でも受け入れが可能な施設もあります。


要支援・要介護によって違う受け入れ可否

老人ホームの中には、介護専用型と言われる介護付有料老人ホームがあります。この場合は要介護1以上の方の入居が可能です。では要支援1、もしくは要支援2の方の入居は?  その回答は受け入れは不可です。
要支援の方が入居受け入れが可能な有料老人ホームは、介護予防支援の介護施設としての届け出が受理されている有料老人ホームになりますので、実は介護付有料老人ホームの中には要支援の方の受け入れが不可のホームもあるので注意が必要です。


年齢によっての受け入れ可否

介護保険の制度上、65歳以上の高齢者の方は1号被保険者となり、40歳以上65歳未満の方は2号被保険者となります。一般的には介護認定は、65歳以上でお身体にご不自由や、ご病気、お怪我などにより四肢が満足に動かせないなどの方が、その方の身体状況に応じて個別に介護認定を受けるのが通常です。
しかし65歳未満の方でも、最近では若年性認知症や国が指定する難病などにより、介護認定を受けいている方がおられます。「では40歳以上、65歳未満の方でも介護認定を受けていれば老人ホームに入居ができるか?」というご質問の場合、お答えとして「基本的には難しい」というしか言えません。

老人ホームとは老人福祉法に基づいて作られた介護施設であり、高齢者として国が見ているのは、一般的には65歳以上からではないでしょうか。
その根拠として、年金の受給年齢は65歳からであり、また65歳から74歳までを前期高齢者75歳以上を後期高齢者と定めています。
そのような事から、老人ホームの入居時の年齢要件は65歳以上と定めているところが多く、一部の老人ホームでは60歳以上としている有料老人ホームなどもあります。

高齢者施設へのご相談、資料請求・ご見学はコチラをクリック

このように、介護認定を受けているから老人ホームには誰でも入居ができるのか、というと実際は60歳未満の方がご入居が可能な老人ホームを見つけるのは非常に困難です。
とはいえ、例えば55歳の方が老人ホームに入居を検討した場合、絶対に入居ができる施設が無いか?といえば、実は場合によって応相談というケースもあります。

老人ホームの場合、入居時費用を設定する際の算定要件があります。
この算定要件については、なぜこの施設の入居時前払い金がこの金額で、償却期間がこの期間なのか、という事を裏付ける要件です。入居時年齢に併せた償却期間が設定されている場合、想定外に若い年齢の方が入居すると、想定以上の居住年数になる事から、入居時費用が高額にかるケースも考えられます。


認知症の受け入れについて

介護が必要な方向けの施設で認知症の方の受け入れは、ほとんど何処の老人ホームでも入居はOKと言えます。
認知症の場合、グループホームをご検討されるケースが多いのですが、認知症患いながらその他、医療面でのケアが必要など身体的ケアが必要な場合などは、グループホームより老人ホームを選ばれるケースもよくあります。
しかしながら、認知症でも受け入れが出来ないケースもあります。それは暴言暴力行為自傷行為他害行為が症状としてある方です。
暴言や暴力行為がみられる場合、介護施設は共同生活の場所である故に、他の入居者の方に身体的、精神的危害が及ぶ事が考えられます。また自傷行為などについても、それを抑止するために拘束などが必要な場合、介護施設では身体拘束=虐待という事になりますので、このようなケースでは受け入れは不可となります。

ただ暴言、暴力行為があっても、入院治療をされて服薬などで症状を抑える事が出来るので、諦めないで主治医に相談される事をお勧めします。
認知症の徘徊症状などは、ご家族の体力も気力も奪います、そしてご家族が働く事もままならない状況になると、認知症という病気が原因でお金も減っていきます。そのような事態になる前に、高齢者施設へのご入居はとても前向きな選択と言えるのではないでしょうか。


認知症の種類や、関連疾患はいくつかあります

ひとくちに認知症といっても、いくつかの種類があります。
一般社団法人日本神経学会によると
・Alzheimer病(アルツハイマー型認知症)
・血管性認知症
・Lewy小体型認知症(レビー小体型認知症 パーキンソン病症状も含む)


ここまでは皆さんもお聞きになった事があると思います。これ以外にも、認知症症状がみられる疾患があります。

・前頭側頭型認知症
・進行性核上性麻痺
・大脳皮質基底核変性症
・Huntington病(ハンチントン病)
・プリオン病

など、多くの種類があります。


認知症の診断方法

認知症の症状とは、物忘れ程度の軽度の症状から、不穏行為、不潔行為、暴言・暴力行為などの重度の症状まで様々です。
一般的には「長谷川式スケール」と言われる簡単なテストがあります。どのような内容かといいますと、いくつかの質問に口頭で答えて頂きます。
今日の日付や、年齢、今いる場所、簡単な暗算などを行って頂きます。 その合計点数で認知症の可能性を判断します。
その結果、認知症の可能性があると判断された場合、病院などで検査を行うというのが一般的ではないでしょうか。

高齢者施設へのご相談、資料請求・ご見学はコチラをクリック


様々な種類の認知症症状

重度の認知症症状の場合、御家族では対応できない程の状態になってしまう場合があります。
では実際にどのような症状があるかというと、代表的な症状をいくつか列記します。
・見当識障害(今日の日付がわからない、今自分がどこにいるのかわからない、など)
・意識障害(どこに置いたのかわからない、今何をしようとしたのかわからない、など)
・徘徊
・判断力障害(食べ物と食べ物では無い物の区別がつかない、良い悪いの区別がつかない、など)
・幻覚
・物取られ症状(モノが無い事を取られたと妄想する)
・弄便 ろうべん(便をこねたり、口に入れたりする)
・せん妄(脳の障害により幻覚、幻聴など)
・暴言・暴力行為
・鬱(うつ)

ざっと列記するだけでも、認知症にみられる主な症状はこれくらいあります。
介護付有料老人ホームは勿論、住宅型有料老人ホームでも介護付となんら変わらない介護サービスを提供している有料老人ホームであれば、暴言・暴力行為など自分自身や他人を傷つける行為以外の症状は、服薬で症状を緩和し、規則正しい日常生活を過ごすことで対応しています。
服薬と規則正しい日常生活を過ごすことで、認知症の症状が改善されたり、進行が緩和されたりするなど、良い結果を生むこともあるようです。


医療行為、医療依存度による受け入れの可否

「介護付有料老人ホームと書いてあるから、介護が必要な人であれば入居が出来るなんだよね!?」というご質問を頂く事があります。

しかしながら残念な事に、住宅型の有料老人ホームでも、介護付の有料老人ホームでも、お身体の状態によっては、受け入れが出来ないケースがあります。

介護付有料老人ホームの場合だと、介護士さんは24時間常勤で配置されており、夜間は人員は少なくなりますが、24時間夜間のトイレ介助など介護サービスを受ける事が可能です。では看護師さんはどうかというと、通常は日勤帯のみ看護師さんが勤務されており、夜間は看護師さんが居ないケースが多いのです。この場合、提携医療機関の看護師さんによるオンコール体制のケースも多く、夜間緊急の場合介護ヘルパーさんが、看護師さんに電話で相談、(場合によってはドクターに)指示を仰ぐという事で対応しています。

価格の高い有料老人ホームの場合、看護師さんを24時間配置しているケースもあります。この場合、日中帯のみ看護師さんが勤務している場合と比較すると、当然24時間看護師さんが勤務しているホームの方が、比較的医療依存度の高い方を受け入れる可能性が高いと言えます。
例えばインスリンの自己注射回数の多い方や、在宅酸素の時間当たりの流量が多い方などです。その他、胃ろうの方や、バルーン・カテーテルを留置している方重度の褥瘡(床ずれ)管理を必要とする方や、IVH(中心静脈栄養)の方など、医療依存度といっても様々なケースがあります。


ホームページに記載されている、受け入れ表示の「○」「△」「×」印の意味は

老人ホームのパンフレットや、ホームページを見ると医療面での受け入れ可否がアイコンなどで表示されています。「」印、「」印、「×」印で分けておられるケースが多いのですが、ここで注意点を一つ。
×」印の場合、そもそも受け入れが不可なので判断しやすいのですが、「」印の場合、軽度であればOKだけど、重度であれば不可の場合や、症状によってOKだったり、不可だったり、その他主治医の判断でOKだったり不可だったりという事があります。

そして一番やっかいなのが、「印なのに、受け入れが不可になるケースなどもあります。これはどんな場合に起きるのかというと、実は現在進行形で入居されている方の医療依存度の高い方が多く、現場の介護士さんや看護師さんの手が今以上には回せないケースなどです。


老人ホームと病院の違いはしっかりと理解する必要があります

有料老人ホームを、病院と同じ治療的ケアが受けれる所だと勘違いされる場合があります。
病院は医師や看護師さんが、入院されている方のご病気やケガを治療するところ老人ホームは介助がなければお一人では生活する事が困難な方が、ヘルパーさんなどの介助を受けて生活をする場所、この違いを理解せずに老人ホームでは病院の入院と同程度の医療的ケアの受けれる場所と勘違いされる事があるので注意が必要です。


65歳未満の方でも介護認定が受けれる特定疾患とは

65歳未満の介護保険2号被保険者の方が、介護認定を受けるケースがあります。 これは、国が指定する特定疾患いわゆる難病に罹っている方が対象となります。
ひとくちに難病といっても、これは数多くの難病があります。現在国の指定する難病は平成27年7月1に現在で306種類あります。

306の難病の中で16種類の難病に、40歳以上64歳未満の方が罹患した場合、2号被保険者として介護認定をうける事ができます。
下段で64歳未満の方が介護認定を受ける事ができる16種類の病名を列記します。

参考:厚生労働省指定難病
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000084783.html

日本神経学会
https://www.neurology-jp.org/guidelinem/nintisyo.html

高齢者施設へのご相談、資料請求・ご見学はコチラをクリック


64歳未満の2号被保険者が介護認定をうける事ができる16種の難病

●がん(がん末期)
(医師が一般に認められている医学的知見に基づき回復の見込みがない状態に至ったと判断したもの)
●関節リウマチ
●筋萎縮性側索硬化症(きんいしゅくせいそくさくこうかしょう) Amyotrophic lateral sclerosis(ALS)
●後縦靱帯骨化症(こうじゅうじんたいこっかしょう)
●骨折を伴う骨粗鬆症
●初老期における認知症
●進行性核上性麻痺、大脳皮質基底核変性症(だいのうひしつきていかくへんせいしょう)及びパーキンソン病(パーキンソン病関連疾患)
●脊髄小脳変性症(せきずいしょうのうへんせいしょう)
●脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)
●早老症
●多系統萎縮症(たけいとういしゅくしょう)
●糖尿病性神経障害、糖尿病性腎症及び糖尿病性網膜症
●脳血管疾患
●閉塞性動脈硬化症
●慢性閉塞性肺疾患
●両側の膝関節又は股関節に著しい変形を伴う変形性関節症

このように、国が指定する難病の中でも、上記の疾病の場合、40歳以上64歳未満の方でも介護認定を受けることができますが、老人ホームの入居受け入れ年齢条件は、ほとんどの施設が65歳以上、もしくは60歳以上と規定している場合が多く、現実的に60歳未満の方の有料老人ホームへのご入居のハードルはまだまだ高いと言わざるを得ません。


入居した老人ホームの主治医、協力医療機関への受診など知っておきたい基礎知識 【ポイントです】

老人ホームに入居する前の病院の受診、入居してからの主治医の受診など、気になる点を全て大公開


健康診断書の提出

有料老人ホームなどの高齢者施設へご入居される際に、必ず提出を求められるのが、診断書です。
有料老人ホームに体験入居や本入居をする前に、提出を求められる診断書。それではこの診断書は通常の診断書でよいのでしょうか。
一般的に老人ホームに提出される診断書の項目は、通常の健康診断書と同様に、身長・体重などは勿論、肺のレントゲン所見など、一見すると普通の健康診断書なのですが、実は一番大切な項目は、感染症の検査項目です。血液検査などによって感染症があるかないかという事が非常に重要です。

万が一、感染症のウイルスや菌などを持っておられた場合、その状態で介護施設へ入居すると、他の入居者の方に感染させてしまうケースがあるので、老人ホーム側はその点についてかなりデリケートに入居可否の判断をするのです。

以下に老人ホーム運営事業者がチェックする代表的な感染症を挙げます。
・インフルエンザ
・感染性胃腸炎(ノロウイルス)
・疥癬
・HIV
・梅毒
・肺炎球菌感染症
・メチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)
・腸管出血性大腸菌感染症
・緑膿菌感染症
・レジオネラ症

などがあります、この中には飛沫感染をするものもあれば、通常接触した程度では感染しないものまでありますが、ご入居されている方々はご高齢の方ばかりなので、感染の疑いがある場合などは、デリケートに判断を行います。
もちろん通常の生活をしている限り感染の恐れの無いものは、施設側の判断で入居可能となるケースもあります。


感染症以外にも老人ホーム側がチェックする身体状況は??

老人ホームに入居する前、面談の前には診断書の提出は勿論、診療情報提供書なる書類も施設側に提出する場合があります。
診療情報提供書というと何か難しく感じますが、簡単にいうと世間一般で言われる「診断書」です。皆さんが馴染みのある診断書は封筒に入っていて「○○病院●●先生机下」みたいな表書きが入っていますが、診療情報提供書を依頼すると、普通は1枚の紙で渡される事もしばしばあります。
記載されている内容は、「患者情報(住所や氏名)」「診断病名」「紹介目的」「現在の病歴と経過」「その他特記事項」などですが、見ての通り診断書と同様です。

診断書で細かな身体の中の事を確認し、診療情報提供書で現在の病気や既往歴を確認します。
そしてこの提出されたデータを元に、面談を行うのですが、現在の身体状況の確認を行います。具体的に今どんな病気になっていて、どんな処置がされているのか。少し例をいくつか挙げてみます。
医療依存度について述べた章で、いくつかの病気や症状をお話ししました、こちらではもう少し詳しく各疾患や症状、処置について解説します。

高齢者施設へのご相談、資料請求・ご見学はコチラをクリック


【胃ろう(胃瘻)】

胃ろうとはお口から食事(経口摂取)出来ない方などの場合、鼻腔経管栄養のチューブなどの場合のリスク回避として、胃と腹部に穴を開けpegといわれる器具でを装着し、チューブなどを使って外部から直接ペーストにした食べ物などを、シリンジ(注射器)などを使って直接食べ物を胃に注入する方法。


【鼻腔経管栄養】

鼻腔経管栄養とはオペ後など食事を経口摂取出来ない場合、鼻の穴から胃までチューブを通し、栄養を直接胃に注入するチューブで、通常は一定期間チューブを留置したままにするので、長期間鼻腔にチューブを入れていると、注入した栄養のカスなどで衛生状態が悪くなり、感染症を起こす原因になるので、数週間鼻腔経管チューブを挿入する場合は、数日間毎にチューブを交換する必要があります。但し長期間経管栄養が必要になる場合は、病院から胃ろう処置を進められる事が多いと思います。


【喀痰吸引】

人工呼吸器の装着や、なんらかの理由でご自身で痰を出せないなどの場合、吸引により痰の吸引を行います。痰には唾液、鼻水、肺に入った老廃物などが含まれます。
最近は介護士さん向けに喀痰吸引等の研修が行われ、研修を受講し資格を取得した介護士さんによる、お口からのたん吸引も可能になりました。
お口の中の痰吸引以外にも、気管切開したカニューレから吸引を行う方法もありますが、これについては医療従事者になります。人工呼吸器などを装着している場合、直接気管吸引を行う事になり、医学的には侵襲的医療に該当する。


【腸ろう】

胃がんの手術などにより胃を全摘出した場合など、胃から栄養の吸収を行えない、かつ経口摂取で食事ができない場合など胃ろうと同様に、腸に穴を開けそこから栄養を注入します。


【褥瘡(床ずれ)】

一般的には床ずれと言われ、ずっと寝たきりなどの場合、身体と布団などの間の皮膚が長時間圧迫され続けると、血液の循環が悪くなり栄養が届かなくなる為、皮膚組織などが壊死していきます。
その壊死していく深度で、度合がⅠ~Ⅳに分かれており、Ⅳの場合であれば筋肉組織や関節まで及ぶ場合がありますので、褥瘡がある場合に老人ホーム入居の際は、その度合いによって受け入れ可否の判断をされる場合があります。


【IVH(中心静脈栄養)】

通常、経口摂取が出来ない場合、従前の胃ろうなどの処置を施しますが、消化器系等の機能不全などがある場合、直接静脈に高カロリーの輸液を注入する事で、体内に栄養を補給する方法です。
鎖骨下などの部位からカテーテルを心臓近くの中心静脈に留置する為、感染症のリスクや血栓などのリスクがあるので、IVHの場合は老人ホームの受け入れ不可のホームなどもあります。

高齢者施設へのご相談、資料請求・ご見学はコチラをクリック


【ストーマ(人工肛門)】

大腸癌などの手術で肛門に近い部位を切除した場合や、腸閉塞になった場合、便を溜める機能が低下した場合などは人工肛門を作ります。


【人工呼吸器】

基本的には自発呼吸が厳しい方に装着されています。タイプは3タイプがあります。

(気管挿管による人工呼吸)
手術中や術後など、気管挿管により挿管チューブを口から気管に入れて、人工呼吸器に」より強制的に肺に酸素を送り呼吸を行います。この場合ほとんどは覚醒している場合ではなく、麻酔等で眠っている状態で行います。

(気管切開による人工呼吸)
喉を切開し直接気管へカニューレを装着し、喉に直接人工呼吸器を繫ぐとで、肺に酸素を供給します。この場合は覚醒している状態ですが、声帯の奥で切開するので、切開部が開いている状態では声は出なくなります。

(マスクタイプの人工呼吸)
非侵襲的陽圧換気とも言われ、フルフェイスタイプのマスクを装着し、強制的に陽圧を咥える事で酸素を供給します。

人工呼吸器の場合、マスクタイプを装着してる場合などは受け入れOKと言われるケースも多いのですが、気管切開されている場合、就寝時など寝返りをうった際に外れる場合などがあり、管理が難しく気管切開されているとたん吸引についても、看護師による高度な技術が必要な為受け入れ不可になるケースが多いのが現状です。


【在宅酸素】

ヘビースモーカーなどの方で、COPD慢性閉塞肺疾患)など肺疾患を患う事で、肺の呼吸機能が低下します。肺の機能低下があると、呼吸をしても満足に空気中の酸素を吸収する事が出来なくなる為に、鼻などに酸素を流し酸素吸収量を増やす事で肺や心臓の負担を低減させます。 外出時にはボンベを使用しますが、在宅時(施設内で生活含む)などは、機械により酸素をコントロールしますが、1時間当たりに流す酸素流量によって、老人ホーム側の受け入れ判断をする場合があります。


【人工透析】

人工透析は腎不全や糖尿病などで腎機能が低下した患者に、人工透析を行う事で血液を浄化します。
人工透析を行っている方が老人ホームに入居する場合、全国には一部ですがホーム内に人工透析の設備がある施設がありますが、一般的にはホームの近隣で透析が行えるクリニックや透析センターを探し、利用できるベッドを確保する必要があります。


【バルーンカテーテル】

手術後に排尿するのが困難な患者などの導尿や、泌尿器系疾患で前立腺肥大などにより、排尿が出来ない場合など、尿道からカテーテルを通し、先端のバルーンを膨らませる事で、カテーテルが抜去される事を防ぎます。


【ペースメーカー】

不整脈などにより心臓が一定のリズムで拍動しない場合など、体内に回路を埋め込み、回路から心臓にリード線を接続させます。一定リズムで心臓に電気信号を送る事で、心臓の不整脈を防ぎ正常な一定リズムで心臓の鼓動を正しく制御する。

高齢者施設へのご相談、資料請求・ご見学はコチラをクリック


【終末期ケア ターミナルケア】

余命が残り少なくなった方が積極的な病気の治療を行うのではなく、死を目前にされたご本人やご家族に、「幸せに、よりよい人生の最後を過ごす」お手伝いをするケアといえばよいでしょうか。ガンの末期の方は大変な痛みがありますので、疼痛管理(緩和ケア)をする事で肉体的苦痛を軽減し、心のケアなども含め穏やかに暮らす事で最後の時をご家族と迎えるようにケアを行う事。
最近では終末期ケアに力を入れる有料老人ホームも少しずつ増えてきました。


診断書を提出したら、次は施設担当者がご入居者様へご面談

診断書が出来上がると、入居をしようと思う施設に提出します。
老人ホーム側は、診断書を確認した後、施設の担当者がご自宅へ出向き、ご入居される方に面談をさせて頂きます。この面談は診断書を元に、ご対象の方のお身体の状況を確認しつつ、受け入れる側の施設が、ご入居される方にどのようなケアが必要なのか、お話しをしてみてどのような方なのか、という事を受け入れの前に準備する為に行います。
面談後受け入れOKという判断が下りれば、一旦「体験入居」をして頂きます。


体験入居で、ご本人も御家族も、施設側もお互いにOKなのかを確認する

通常、本入居の前に2日から3日程度「体験入居」を行います。 この体験入居は、診断書を提出し、面談した後に、ご本人や御家族が「入居後にこんなハズじゃなかった、最初に聞いていた事と違う」というトラブルが起きないように、事前に体験入居をしてチェックして頂く期間でもあり、また施設側もご入居頂く方のケアがしっかりとできるのか、ご入居されるかたとのコミュニケーションに問題が無いか、とお互いに確認する大切な期間です。
この体験入居を通して、お互いに納得できて初めてご入居と至ります。


老人ホームに入居が決まったら、老人ホームの主治医に一度受診します

体験入居が済み、この老人ホームに入居しよう!と決まったら、今まではいつもの行かれるクリニックなどで、風邪をひいた時や、少し体調が悪い時などは受診されていたと思いますが、老人ホームに入居すると、今度は施設が依頼している協力医療機関に受診して頂きます。
最初に受診すればカルテが出来上がりますので、有料老人ホームの場合など毎月定期的に主治医の往診がありますので、わざわざクリニックに出向く必要は無くなります。
往診の場合、お住まいのお部屋まで主治医が来訪して問診を行います。
お薬が必要な場合は、主治医が処方箋を作り調剤薬局から施設にお薬が届けられてきます。

万が一緊急を要する容態などになった場合など、ホームの看護師が主治医に指示を仰ぎ、緊急の場合は救急車を手配します、緊急を要しない場合などは、ホームドクター以外の提携病院で受診する事が多いと思います。


身体状況に合わせた施設選びのポイントは

身体状況編で大切なのは、ご入居される方のお身体の状況が、受け入れ可能な老人ホームを選ぶこと、現状は難しくても治療を施せば入居が可能となるケースもあるという事を理解して、ご入居のタイミングを見誤らない事が大切です。

※次回のこのシリーズは、
老人ホーム紹介センター相談員が本音で語る 知っておきたい老人ホームの基礎知識
エリア・場所 編】でお送りします。

高齢者施設へのご相談、資料請求・ご見学はコチラをクリック

田中 宏信
「関東有料老人ホーム紹介ンター」を運営する(株)エイジプラス東京支社 支社長。自身の両親の介護経験を活かし、同じように在宅介護でお悩みをお持ちのご相談者向けに、老人ホーム選びのアドバイスやセミナーなども行っています。

関東有料老人ホーム紹介センター 10:00〜17:00 ※土日祝は休み 北海道・東北・関東エリア 0120-605-419【通話料無料】