シニアライフ徒然草

厚生労働省発表、26年度虐待件数 他

厚生労働省は平成26年2月5日「平成26年度 高齢者虐待の防止、高齢者の養護者に対する支援等に関する法律に基づく対応状況等に関する調査結果」を発表した。

老人ホームのご相談、資料請求・ご見学はコチラをクリック


年々増加する虐待件数

厚生労働省が発表した「平成26年度 高齢者虐待の防止、高齢者の養護者に対する支援等に関する法律に基づく対応状況等に関する調査結果」によると

養介護施設従事者によるもの(※1)
相談・通報件数は、25年度が962件に対し、26年度は1120件、その内虐待と判断されたものは、25年度で221件に対し、26年度は300件と増加している。

また養護者によるもの(※2)の場合
相談・通報件数は25年度が25310件に対し、26年度は25791件、その内虐待認定件数は25年度が15731件に対し、26年度は15739件となっている。

(※1)介護老人福祉施設など養介護施設又は居宅サービス事業など養介護事業の業務に従事する者 (※2)高齢者の世話をしている家族、親族、同居人等

出典:高齢者虐待の判断件数、相談通報件数(平成 25 年度対比)図1、図2

厚生労働省
平成26年度 高齢者虐待の防止、高齢者の養護者に対する支援等に関する法律に基づく対応状況等に関する調査結果
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000111629.html


高齢者虐待の深刻度割合

出典:高齢者虐待の判断件数、相談通報件数(平成 25 年度対比)図4

発表された中で気になる点をいくつかピックアップすると
・虐待が認められた介護施設は特養が95件有料老人ホームが67件グループホームが40件老健が37件だった。
・介護施設内での虐待の内容は、身体的虐待は441人、心理的虐待298人、経済的虐待117人だった。また虐待を受けた中でも「身体拘束あり」は 239 人あった。

老人ホームのご相談、資料請求・ご見学はコチラをクリック


虐待発生要因のアンケート調査

介護施設における虐待の発生要因のアンケート調査結果がある。

1、教育・知識・介護技術等に関する問題 62.6%
2、職員のストレスや感情コントロールの問題 20.4%
3、虐待を行った職員の性格や資質の問題 9.9%
4、倫理感や理念の欠如 6.8%
5、虐待を助長する組織風土や職員間の関係性の悪さ 5.8%
6、人員不足や人員配置の問題及び関連する多忙さ 5.1%
7、その他 1.0%

この数字をご覧になって、一般の方はどう見えるのだろう。

出典 平成 26 年度 高齢者虐待の防止、高齢者の養護者に対する支援等 に関する法律に基づく対応状況等に関する調査結果 虐待の発生要因(表 7)

1から4までの項目は、ほとんど「人」としての問題であり、そもそも介護技術や知識も無い人が介護現場で働いているという事や、感情、や性格、資質、果てには倫理観の欠如とまで回答が出ている。

社員教育をするのは何も介護業界だけでは無く、一般の企業としては当たり前であり、介護というのは究極のサービス業である一面が強い。

入居者の生活や人生、場合によっては命にかかわる場合もある、そのような現場で働く人たちが倫理観が欠如していたり、感情コントロールが出来ないというのは、大きな問題として本来、捉えなければならない。

老人ホームのご相談、資料請求・ご見学はコチラをクリック

今回発表された300件の虐待として認定された件数よりも、注目しなければならないのは、実は相談通報された1120件ではないだろうか。
そもそも相談通報されるという事は、なにかしらの虐待ではないのか?と思わせる事案があったからであり、調査時に、もし隠ぺいなどの行為があった場合は、その認定数字は正確な数字ではなくなってくる。

また気づかなければいけないのは、相談・通報されなかった件数は、1120件の何十倍もあるという事ではないだろうか、1120件が通報され300件が認定を受けたとすると、認定比率は約27%。
相談・通報されるケースは、総数の何十分の1と言われることから、仮に10倍とした時には、虐待ではないかと周囲が感じていたり、気付かなかったりしるケースが1万件以上にものぼり、実際の虐待は3000件にもなると想定される。

虐待事件を顕在化させる事は、今後の虐待を未然に防ぎ、安心した高齢者施設の暮らしを築く事になる事を、多くの介護施設運営事業者には理解して頂きたいと切に願わずにはいられない。
介護施設の運営には、様々な問題や小さな事件が数多く起きる、その一つ一つに対し真摯に取り組む姿勢が、介護施設運営事業者の安心感に繋がる事が本来の姿だと思う。

厚生労働省資料 平成26年度 高齢者虐待対応状況調査結果

老人ホームのご相談、資料請求・ご見学はコチラをクリック

田中 宏信
「関東有料老人ホーム紹介ンター」を運営する(株)エイジプラス東京支社 支社長。自身の両親の介護経験を活かし、同じように在宅介護でお悩みをお持ちのご相談者向けに、老人ホーム選びのアドバイスやセミナーなども行っています。

関東有料老人ホーム紹介センター 10:00〜17:00 ※土日祝は休み 北海道・東北・関東エリア 0120-605-419【通話料無料】