シニアライフ徒然草

Amazonでお坊さん!?

Amazonが法要、戒名など、お坊さん派遣?のサービスの商品提供を始めている。「お坊さん便」、チケット販売制のサービスです。しかしながら宗教をビジネス化していると、「公益財団法人全日本仏教会」が強く反発している。


Amazonでついに「お坊さん」

インターネット通販大手のAmazonでは、2015年12月8日より株式会社みんれびの提供するサービス「お坊さん便」の販売掲載を開始しています。
終活ブームがここ数年起こっていますが、法要などで一番困るのが、お布施料や、戒名料など。
実際、お布施や戒名料など、お坊さんや宗派によって値段が違っていたり、場合によっては言い値で値段が決まったりするケースもあるようです。

株式会社みんれびの提供する「お坊さん便」のサービスは、法事法要のチケット販売というスタイルです。
ご自宅や、お墓などに僧侶が出向き、法要を行うためのチケットをユーザーに購入して頂き、サービスを受けるというシステムが好評を得ているようです。


公益財団法人全日本仏教会が強く反発

しかしながら、このサービスに異を唱えたのは、「公益財団法人 全日本仏教会」でした。 全日本仏教会のホームページによると、理事長の齋藤明聖氏のコメントが掲載されています。

一部抜粋
今回の「Amazonのお坊さん便 僧侶手配サービス」の販売は、まさしく宗教行為をサービスとして商品にしているものであり、およそ諸外国の宗教事情をみても、このようなことを許している国はありません。そういう意味で、世界的な規模で事業を展開する「Amazon」の、宗教に対する姿勢に疑問と失望を禁じ得ません。しっかりと対応していきたいと考えます。
~ここまで 全日本仏教会HP 掲載ページ
http://www.jbf.ne.jp/news/newsrelease/1600.html


核家族化による檀家制離れ

時代の流れとともに、核家族化が進む日本では、むかしからある檀家制がだんだんと薄れていっているのも事実、実家の宗教宗派を理解していない人も最近では多く、今までは祖父から父へ、父から息子へと伝へられるような事もすくなくなっているのかもしれない。
家族が亡くなった時に、どこの僧侶に頼めばいいのかわからない、というのはここ最近よく耳にする。

宗教法人の場合のお布施は、非課税となりますが、今回の「お坊さん便」で支払われる費用のうち、みんれび側の手数料を差し引いた額が、お布施として僧侶側に支払われる、元々宗教法人ではなく、僧侶個人に支払われるお布施に関しては、課税対象になるので、今回のお布施は本来であれば、課税対象となるはずだろう。

老人ホームのご相談、資料請求・ご見学はコチラをクリック

老人ホーム紹介センター 住まいるケア 
北海道から九州沖縄まで、全国で高齢者設や高齢者住宅をお探しの方に、ご希望条件に沿って約4500件の有料老人ホームやサービス付き高齢者住宅の中から、ご紹介いたします。ご相談実績は年間20000件、相談窓口は関東・東海・関西・九州にございますが、ご相談は全国各地から承ります、お気軽にご相談ください。経験豊富な当社相談員が最適な有料老人ホームや高齢者住宅選びのお手伝いを致します。