シニアライフ徒然草

自分の希望通りの介護サービスを叶えるために

政府は「介護離職ゼロ」を掲げましたが「仕事と介護の両立が本当にできるのだろう?」と疑心暗鬼に感じられている方も少なくないと思います。介護に対しては、どことなく冷たい部分が社会には残っています。孤独にならない状態を作るには、“裏ワザ”を知っておく必要があります。


困ってしまう前にする対策

「仕事と介護と家事の両立」を阻む壁は何でしょうか?
一言でいえば世の中の流れ【風潮】です。社会保障制度があって社員一人ひとりが「制度を理解できていない」と行動に移すことは難しいでしょう。

人は心理的に集団生活に安心感を求め、孤独になると不安を強く感じる生き物です。
介護離職を回避するには、介護者支えるコミュニティーの存在です。

介護サービスのお願いごとを変えること。
介護の悩みで問題なのは「生活の場をどこに置くのか?」ですが、介護度が低い状態であれば、在宅介護または別居介護を選択される方が多いと思います。

自宅での介護を選択する方は、介護保険の盲点があることを理解しておくことで安心感が増します。ここに“裏ワザ”が隠れています。介護保険の盲点は、利用者本位のサービスという思い込みが介護プランを決める主導権がないと思っていることです。

在宅介護(自宅療養)のメリットは、経済的な負担が安く済ませられることは知られていますが、一方で拘束される時間が長く精神的・肉体的な疲労が蓄積しやすい状態が続くと、「介護うつ」の状態になりかねません。
攻略法として、介護者本位の介護プランに近づけることです。

老人ホームのご相談、資料請求・ご見学はコチラをクリック

介護保険制度は、制度は制度でしかないのです。
制度に人の思いを織り込んで介護保険制度にサービスとしての価値が生まれるのです。

仕事と介護の両立には、息抜きの時間が必ず入れる必要があります。
そのためには介護者が包み隠さず気持ちを伝えて、ディサービスやショートステイなどのサービスを増やしてもらえるよう相談することも大切です。

そのほかには、住宅環境の改善も検討するとよいと思います。介護疲労を軽軽するには「介護の家」にリフォームをすることも最善策のひとつです。介護保険や高齢者制度を使った助成金を活用すると住宅環境の改善が行いやすくなります。

例えば、お布団からトイレへの移動介助は腰への負担が大きいですが、移動用リフト(福祉用具)を使いますと、ベット~洗面所~トイレへの誘導が簡単に行うことが可能となり、小柄な女性でもプロ並みの介護ができるようになります。
介護者が要介護者を支えるには、バリアフリー化を決断しなければならないこともあるでしょう。 床の滑り止め加工や手すりの設置を伴う改修工事でしたら申請により利用限度額の範囲で住宅改修費の給付を利用することができます。

ただ、高齢者の住宅環境は改善の傾向にあるとはいえ「自宅内での介護事故」も増加傾向を考えると、バリアフリー化がかえって「高齢者の身体能力を低下させる要因」と指摘する声もあることから必要最低限の工夫で抑えたほうがよいでしょう。

老人ホームのご相談、資料請求・ご見学はコチラをクリック


介護プランにあなたの意志を反映させる

介護プランは利用者のために作るものですが、高齢化によって介護を必要とする要介護者が増える一方で、介護を担う家族は昔とは違ってきたいます。

高度成長期の時代は、男性は仕事・女性は家事といったように役割分担が一般的でしたが、今では未婚の男女が増加し、「専業主婦の妻に介護をお願いできる」環境ではなくなりました。少子化で親の面倒をみてもらえる兄弟姉妹も少なく、二人の親を子が一人で世話する時代です。

仮に配偶者がいても二人の収入で家計を支える低所得世帯でしたら、働きながらの介護を無理も続けなければならない環境は簡単には変わらないのですから、柔軟な介護プランでお願いするようにしましょう。


あなたの会社も介護問題に無関心でいられない

介護を理由に離職する人は年間10万人といいます。
職場に「仕事と介護を両立」できる支援制度を導入しているところは多くはありません。仮に制度があっても介護休暇を申請しやすい職場環境でないと絵に描いた餅になってしまいます。

政府が介護離職ゼロを目標と掲げましたが、会社が用意できることには限界があります。 酷なことに感じるかもしれませんが、正直申し上げると待っているだけでは何も変わらないのです。
まずは介護経験者の知り合いを作ることを始めましょう。

人間関係が希薄化していて友達作りを苦手としている人も少なくありませんが、介護経験ゼロの人は介護について相談できる環境が必要不可欠です。
例えばNPO法人などが運営する介護のコミュニティーに参加することで、あなたの思いを受けてもらえる場へとなることでしよう。思いを共感できる癒しの場所を早く見つけることは介護の準備として是非やってもらいたいことです。

老人ホームのご相談、資料請求・ご見学はコチラをクリック

老人ホーム紹介センター 住まいるケア 
北海道から九州沖縄まで、全国で高齢者設や高齢者住宅をお探しの方に、ご希望条件に沿って約4500件の有料老人ホームやサービス付き高齢者住宅の中から、ご紹介いたします。ご相談実績は年間20000件、相談窓口は関東・東海・関西・九州にございますが、ご相談は全国各地から承ります、お気軽にご相談ください。経験豊富な当社相談員が最適な有料老人ホームや高齢者住宅選びのお手伝いを致します。
関東有料老人ホーム紹介センター 10:00〜17:00 ※土日祝は休み 北海道・東北・関東エリア 0120-605-419【通話料無料】