シニアライフ徒然草

メディケアフーズ展 高齢者支援サービス展

毎年開催されている、「統合医療展2016」「メディケアフーズ展2016」「高齢者支援サービス展2016」が今年も東京ビックサイトで開催されました。統合医療展では、アンチエイジングや、温浴療法などのブースが目立ち、高齢者支援サービス展では施設における見守りシステムや、介護人材系ビジネスの出展、メディケアフーズ展では高齢者向け食材などの展示が盛んにおこなわれていました。


高齢者支援サービス展2016 メディケアフーズ展2016

今年も2016年2月26日から27日の二日間、東京ビッグサイトで 統合医療展2016メディケアフーズ展2016高齢者支援サービス展2016が共同開催されました。

統合医療展では、昨今のブームともいうべきアンチエイジング系のブースが多く見受けられ、その他はサプリメント系や、~~療法といった機器などを紹介するブースなども多く、ブースを覗いてみると、医療職・介護系職従事者の女性の来訪者が多く足を止めておらました。

老人ホームへのご相談、資料請求・ご見学はコチラをクリック

高齢者支援サービス展では、高齢者施設向けのシステム、在宅介護サービス事業者向けの、請求システム開発、高齢者見守りサービスなどの出展があり、なかなか目新しい事業者の出展はありませんでしたが、それでも多くの介護事業者の皆さんが各ブースで熱心に話を聞かれておられたのが印象的でした。

今まであまり気にしていなかった、こんなのがあると便利だな、と思うようなアイテムなどの出品も目に留まりました、 画像は、在宅酸素のボンベの残りの酸素量を時間タイマーで計算し、少なくなるとアラームで知らせるというタイマーなのですが、意外に今まで目にした事がありませんでした。
仕組みは簡単、残圧と流量をタイマーにセットして、スタートするとンボンベ内の残酸素量をカウントダウンし、少なくなるとアラームで知らせるという単純なものなのですが、あると便利なグッズではないでしょうか。


活況なメディケアフーズ展

会場全体を見渡すと、今回3つの合同イベントではありましたが、今年も昨年同様「メディケアフーズ展2016」が一番活況だったような気がします。
ここ数年、高齢者向け特に介護が必要で、嚥下機能が低下している方向けの食品が目覚ましく進化しています。
ひと昔前までの嚥下食とい言えば、見た目も実際の味も期待できるものは少なく、決して食欲をそそるものではありませんでした。

ここ数年で、味の進化は目覚ましく、野菜、魚、肉、様々な食材を使った介護食が、各企業から出品されていました。
たとえばそお中には、漬物なども、漬物の形のまま口に運ぶと柔らかく、また肉や固い野菜、魚の骨までも簡単に口の中で簡単に咀嚼できるように柔らかく加工されています。各出展企業では、色々な料理の試食用のサンプルがあり、どれを試食しても、味は変わることなく、非常に美味しい味付けとなっています。介護食から連想される不味さはどの料理でも感じません。

食材を柔らかく加工する技術は、大きく分けて2つあります。
一つは酵素を使って柔らかく加工をする、そしてもう一つは調理補法によって柔らかく加工する方法です。

【酵素による加工】
酵素を使った食品軟化製法は大きく2つ。

凍結含浸法
低温凍結によって酵素を浸潤させ、細胞間隙物質をを分解する方法。

酵素均浸法
各々の食材に合った酵素を選別し、圧力を変えながら浸透させる独自技術。食材の組織を壊さず食材そのものに酵素を含浸させる手法

老人ホームへのご相談、資料請求・ご見学はコチラをクリック

【調理方法による加工】 真空冷凍調理による加工で、食べる際には低温加熱によって調理する事で、食材の形を崩さずに柔らかくします。


健常者でも普通に食事として使える加工食材が多数

ソフト食以外にも、少量で高カロリーな加工食品や、災害時などにも使用可能な食品など、また味付けも様々で、トマトソースのハンバーグ、和風ハンバーグ、赤ワイン仕込みのビーフシチュー、鮭と野菜のあんかけ、等々

日本人健常者と何ら変わらない味付けで、提供できる介護食はますます進化しそうな勢いを感じずにはおられません。

老人ホームへのご相談、資料請求・ご見学はコチラをクリック

老人ホーム紹介センター 住まいるケア 
北海道から九州沖縄まで、全国で高齢者設や高齢者住宅をお探しの方に、ご希望条件に沿って約4500件の有料老人ホームやサービス付き高齢者住宅の中から、ご紹介いたします。ご相談実績は年間20000件、相談窓口は関東・東海・関西・九州にございますが、ご相談は全国各地から承ります、お気軽にご相談ください。経験豊富な当社相談員が最適な有料老人ホームや高齢者住宅選びのお手伝いを致します。
関東有料老人ホーム紹介センター 10:00〜17:00 ※土日祝は休み 北海道・東北・関東エリア 0120-605-419【通話料無料】