シニアライフ徒然草

介護ベッドを導入する際の注意点

介護、福祉用具といえば介護ベッドという人もいると思います。今回は介護ベッドを使いたいと思ったときに注意しなければいけない点を説明したいと思います。介護ベッドとは、高さ調節機能、背上げ調節機能、ベッド柵の別パーツがある、マットレスとは別、といった特徴があります。順に詳しく説明致します。


介護ベッドとは

①高さ、背上げ調節機能
手元のリモコンを操作して背上げ、高さを調節することで自身での円滑な起き上がりや立ち上がり、円滑な介助を行います。
ベッドの種類によっては高さ調整のみ、背上げ調整のみといった限られた機能を持つ介護ベッドがあります。ただ、調整機能がないベッドは介護保険でのレンタルができない場合もあります。

別パーツとしてのベッド柵
転倒防止、起き上がりや立ち上がりの補助として使用できるベッド柵ですが、数種類があるためベッドとは別パーツとして扱われることがあります。

③マットレスについて
介護ベッドには、マットレスが付属されません。②のベッド柵と同じようにマットレスは別物として扱われます。
介護保険のレンタルでないなら、各レンタル事業者のサービスとして、介護ベッド、ベッド柵、マットレスがセットになったベッドセットレンタルがあります。介護保険でのレンタルでないので制約が多いですが、介護保険レンタルができない場合に便利です。

老人ホームのご相談、資料請求・ご見学はコチラをクリック


介護ベッドを介護保険でレンタルできない場合

介護ベッドは介護保険で全ての人が借りることはできません。
二つの条件が必要です。 一つは、介護認定要介護2以上であること、もう一つは、介護認定要介護1以下で、起居動作、離床動作ができないと判断された場合です。

介護認定要支援1、2と要介護1では介護保険レンタルでのベッド利用は原則として不可となっています。ケアマネジャーや担当医の判断で必要と決まれば、「理由書」を記入しレンタルできる場合があります。例として下肢筋力低下による布団から自力で起き上がること、立ち上がることができない場合です。
あくまで例外事例ですので、自費によるベッドセットのレンタルが多いです。


介護ベッドの効用

介護ベッドの効用として、「起居動作、離床動作の自立」と「介助負担の軽減」があります。
「起居動作、離床動作の自立」とは、ベッドの昇降機能を使用することにより自分の力で起き上がり、立ち上がりが行えるようになることをいいます。

「介助負担の軽減」とは、ベッド上での介助の負担を軽減することをいいます。 ベッド上の介助には起き上がり、立ち座り、位置修正、体位変換等があります。

老人ホームのご相談、資料請求・ご見学はコチラをクリック


介護ベッドでの介助方法

【起き上がり】
リモコン操作で起き上がり動作を行えます。起き上がり動作が行えることで離床動作だけでなく、ベッド上での食事も行えます。ベッド上の食事は、介護テーブルを併用することで円滑に行えます。ベッド上で飲み物を飲んだり、薬を飲んだりすることもできます。
背上げ動作を行った際、内臓が圧迫されて気分が悪くなるかもしれませんが、本人の肩を何度かゆっくりとゆらすことで楽になります。これを「背抜き」といいます。

【立ち上がり】
ベッドからの立ち上がりに関し注意しなければいけない点が「座位保持」と「立位保持」です。
起き上がった後、ベッドの端に腰掛ける際の座位保持、そして立ち上がり後の立位保持がうまくできないと、移乗動作に苦労するでしょう。座位保持と立位保持両方が難しければリフトの使用を考えなければいけません。座位保持が取れるならば介助での移乗が行えます。
本人の立ち上がりが行いやすい高さにリモコン操作することで自力での立ち上がりが円滑に、また、介助の負担が軽減されます。

【身体介護】
清拭胃ろうなどの身体介護時はベッドの高さを上げることで、介助時に介助者の腰を曲げることなく介助がしやすくなります。
腰を曲げての介助は介助者の腰痛の原因となりますし、腰が曲がっていると力が入りづらく介護される側も負担が増大する恐れがあります。

ベッドを導入する際に注意すべきことは「起居動作の可不可」「座位保持」「立位保持」です。 身体状況を把握することで本当に必要な機能を持った介護ベッドに出会えることでしょう。

老人ホームのご相談、資料請求・ご見学はコチラをクリック

老人ホーム紹介センター 住まいるケア 
北海道から九州沖縄まで、全国で高齢者設や高齢者住宅をお探しの方に、ご希望条件に沿って約4500件の有料老人ホームやサービス付き高齢者住宅の中から、ご紹介いたします。ご相談実績は年間20000件、相談窓口は関東・東海・関西・九州にございますが、ご相談は全国各地から承ります、お気軽にご相談ください。経験豊富な当社相談員が最適な有料老人ホームや高齢者住宅選びのお手伝いを致します。
関東有料老人ホーム紹介センター 10:00〜17:00 ※土日祝は休み 北海道・東北・関東エリア 0120-605-419【通話料無料】