シニアライフ徒然草

歩行器、歩行車の選び方

人は高齢になるにしたがって、足腰が弱くなるのが普通です、しかしながら車いすを使うまでもなく、杖を使うより安全に高齢者が立位歩行するための補助具として介護・高齢者用の歩行器や歩行車を利用します、歩行器に関しては、介護保険でのレンタルができるものとできないものがあるので、あらかじめ知っておくことでスムーズな歩行器選びができます。


介護保険でのレンタル事情

同じ歩行器でも、介護保険でレンタルができるもの、できないものがあります。 その違いは何でしょうか。大きく、立位補助機能があるかないかです。
メーカーの機能によって差異はありますが、立位補助機能は左右にハンドルがあり、体を預けることができるほどの強度を持つものです。
それ以外は一般的にシルバーカーと呼ばれます。片手押しカートや車輪付き買い物かごのようなものがあたります。あまり軽すぎる機種も介護保険レンタルできない可能性があります。
また、保険者である市区町村の判断で商品によってはレンタルできる、できないがわかれる場合があります。 歩行器のレンタルはそれだけデリケートですので、自己プランを立てる際は気を付けてください。

老人ホームのご相談、資料請求・ご見学はコチラをクリック


レンタルできる歩行器の3種類

歩行器は大きく分けて「歩行車」「馬蹄型歩行器」「歩行器」があります。 順に詳しく説明していきます。

a:歩行車
歩行者は主に外出用に使用されます。大きな4つの車輪、左右ハンドルにハンドブレーキと駐車ブレーキ、簡易座面が特徴です。
ハンドル持ち手の高さ調節ができる種類がほとんどですが、身長によってはハイタイプ(高身長用)やミニサイズを選定しなければならない場合があります。
柄が気に入ったからと言って、サイズの合わない歩行器を使うと、肩や腰の痛みの要因になります。
ハンドルは肘を置くタイプがあります。握力があまりなく、上肢を支えることで立位保持が行える機種ですが、坂道等歩行器自体が傾くと危険です。
タイヤに負荷がかかると車輪の回転を抑制できる「自動ブレーキ」が最近登場しました。坂道が多い立地での使用を前提としていますが、車輪自体が重く設定されているため、上り坂では押しにくくなるかもしれません。

b:馬蹄型歩行器
真上からみると馬の蹄の形しているように見えることから名付けられた「馬蹄型歩行器」 タイヤは小さく、ブレーキがないため屋内用に主に屋内用に使用されます。前後輪の間が短く、タイヤの数が6輪の機種もあり、小回りが利きやすいです。
上肢を預けての立位保持が行える為、立つ練習、歩く練習といったリハビリにも行えます。

c:歩行器
こちらは、狭義の歩行器です。
歩行器は4つの足があり、先ゴムがついています。使用方法は持ち上げ、前に置き、足を前に出し進みます。軽量で持ち運びがしやすく、4つの足により安定しているため、立ち上がりの補助としても使用できます。
両手で持ち上げ前に進む固定型と、左右を交互に前に出す交互式があります。 固定型には車輪がついている機種もあり、屋内では幅広く使用が行えます。

以上が「歩行器」の内訳です。次に、実際に選ぶ際の注意をお伝えします。

老人ホームのご相談、資料請求・ご見学はコチラをクリック


歩行器・歩行車 選定のコツ

【外出に使用するのか、屋内で使用するのか】
歩行器は外出か屋内かで、歩行器の機種選定は大きく変わってきます。

外出目的だと車輪の大きいタイプ、前輪が4つあるタイプがおすすめですが、本人が扱える重量を選ぶ必要があります。
外出先や経路によっても変わってきます。主な外出先に段差や坂道がないかをチェックしましょう。 在宅酸素を使用している場合でも、酸素ボンベ架台付きの機種がありますが、歩行器本体の重さにくわえ酸素ボンベの重量も考慮して使用できるかどうかの判断が必要です。

屋内目的でも、屋内の段差がないか、動線上の幅や曲がり角、手すり等遮蔽物がないかを確認しなければ、いくらコンパクトでもその場所を通ることができなくなる可能性があります。
そうなった場合、歩行器以外の手段を考えなくてはいけません。

【体格と、身体機能について】
本人の体格や身体機能によってサイズ変更が必要です。
外出用と屋内用と併用する場合は、靴の厚みによって高さが変わってくる可能性があるため、注意が必要です。
また、立位保持能力の有無によって、ハンドル式か、上肢を預けられるタイプかの選択肢があります。 上肢を預けられる歩行車にも幅が広く安定した機種がありますが、路面状況や体調によっては倒れてしまう可能性も考慮し、何度も試して練習することが必要です。


歩行器・歩行車は自分自身が立って操作するもの

歩行器は「本人が自ら立って操作するもの」なので、目的の場所に到達できても、元の場所に戻ってこられるかを考慮して歩行器を使用しなければなりません。
それが不可能な場合は、車いすの使用も検討する柔軟な対応や考慮が必要です。

参考:レンタルコム
http://www.rentacom.jp/tools/walker/

参考:快適空間スクリオ
http://www.scrio.co.jp/fukusi_yougu/yougu_post-17.html

老人ホームのご相談、資料請求・ご見学はコチラをクリック

老人ホーム紹介センター 住まいるケア 
北海道から九州沖縄まで、全国で高齢者設や高齢者住宅をお探しの方に、ご希望条件に沿って約4500件の有料老人ホームやサービス付き高齢者住宅の中から、ご紹介いたします。ご相談実績は年間20000件、相談窓口は関東・東海・関西・九州にございますが、ご相談は全国各地から承ります、お気軽にご相談ください。経験豊富な当社相談員が最適な有料老人ホームや高齢者住宅選びのお手伝いを致します。

関東有料老人ホーム紹介センター 10:00〜17:00 ※土日祝は休み 北海道・東北・関東エリア 0120-605-419【通話料無料】