シニアライフ徒然草

ご夫婦の高齢者施設探しのお手伝い

老人ホームの事をよく理解できないまま、老人ホーム探しを無作為に行われる方は多くいらっしゃいます。有料老人ホームと一口に言っても、介護付有料老人ホーム、住宅型有料老人ホーム、介護付の中でも介護専用型など、その他にはサービス付き高齢者向け住宅など、様々な高齢者施設がある中で、ご自身に合った施設を探すのは簡単にはできないのも事実です。


お子様のいらっしゃらないご夫婦からのご相談

初回のお問い合わせは奥様からでした。
自宅の近くにホームができたので、どんなところか教えてほしいとの事。ホームの名前を聞いてみるとそれは有料老人ホームではなく、シニアの方向けの分譲マンションでした。
よくよくお探しの希望条件や要望をお聞きしてみると、現在の自宅は戸建の持ち家で処分を検討している。ご主人が高齢になってきたこともあり、2階部分は荷物置き場になっているとの事。
持病のぜんそくで体調の変化も出てきたので将来の参考までに元気なうちに情報収集をしておきたいとの事でした。

探し始めたことにはもう一つ大きな理由があり、お子様がいらっしゃらず、遠縁の親戚しかいないとの事で、自分たちの事を自分たちで決めていかないといけない。との思いが強くおありのようでした。

今までは、無作為に近くに開設したホームやご友人から聞いたホームなどを数件見学した事はあるとの事でしたが、ホームの種類や特徴等は全くご存じないとの事でした。

老人ホームのご相談、資料請求・ご見学はコチラをクリック


老人ホームのイメージを払しょく

最初に問い合わせをいただいた、シニア向け分譲マンションに関してもじっくりと説明をさせて頂くと、相続をする対象もいないとの事で検討しないとのご返事でした。

「それでは、私共からは有料老人ホームをご紹介させていただきますね。」と話をすると。ご相談者様からは老人ホームは寝たきりの人しか入居できないのでしょ??
老人ホームという名前に非常に抵抗があるとの話が…。
老人ホームに対して思っておられるイメージの誤解を解くまで大変苦労した事を覚えています。

まずは一旦老人ホームの資料を送付させていただき、資料を見ながらご説明させてください、とお伝えし、後日再度連絡をさせていただきました。
すると奥様から、「とても老人ホームと思えないほど立派でキレイで驚いた!」とのご返事を頂戴しました。

今住んでいる所は、緑豊かで環境は良いけれども、交通の便が不便な地域に住んでいるので、都心部に転居したいとのご返事。
では現地を自分の目で是非確かめましょう!
との事で見学にお誘いさせて頂き、そして見学当日にお会いさせて頂いた際に、細かな要望・希望もお聞きした上で数件見学されました。
イメージされていたよりも良かったのか、ご見学をされた数件のうち、1件をとても気に入ってくださりました。ここで体験入居をオススメし日にちも決め順調に話が進みかけていました。

老人ホームのご相談、資料請求・ご見学はコチラをクリック


体験入居中に体調不良が

それは体験入居中に事は起こりました。
ご主人の持病のぜんそくが体験入居中に悪化し、体調を崩されてしまったのです。
主治医の先生にお聞きすると「急に都心部に暮らしたことによる環境の変化で悪化したのではないか」との事だったそうです。
ご主人も奥様も体験入居されたホーム自体は大変気に入ってくださっていたのに非常に残念でした。ホームの環境面を変える事はどうしてもできません。お二人の老人ホーム探しはまた振出しに戻りました。

このように、お元気な方のお引越しとは違い、ご高齢者の方の移り住みには様々な条件が加味されます。
今回のケースはレアなケースではありますが、周辺環境の変化に伴って、体調が変化するのはお元気な方でも起こる場合があります。
周辺環境の変化が良い結果をもたらす場合もあれば、体調不良をおこされる場合もあります。
私たちはその方のお身体の状況を鑑みながら、できるだけご希望条件に沿いながらご納得頂ける施設をご一緒にお探ししています。

老人ホームのご相談、資料請求・ご見学はコチラをクリック

記事 関西有料老人ホーム紹介センター 北野優

北野 優
介護施設で働いた経験があり、その経験を活かしご相談者様の目線に立ったきめ細かい相談を心がけています。 多くの皆様からのご相談に丁寧にご対応する事を信条にしています。
関西有料老人ホーム紹介センター【月〜金】10:00〜18:00【土】10:00〜17:00 ※日祝は休み 関西・中四国エリア 0120-65-6774【通話料無料】