シニアライフ徒然草

介護ヘルパーさんに頼める事、頼めない事

掃除洗濯や買い物など、ヘルパー介護は人の手による介護で、生活の質を高めるサービスとなります。しかし、どんなことでも頼めるように錯覚し、ついつい甘えがちになってしまうかもしれません。ヘルパーが介護サービスとしてできること、できないことを理解し、ヘルパーとうまく関わっていきましょう。


介護ヘルパーさんのできること

介護ヘルパーさんができることは「日常生活において必要不可欠な行為で、本人ができないこと」です。介護ヘルパーができないこと頼んでしまい、断られるようなことがあれば、最悪の場合トラブルとなってしまいます。
「日常生活において必要不可欠な行為で、本人ができないこと」の意味合いの差は、市区町村、ヘルパー事業所によって違いますが、おおもとはこれになります。 なので、日常生活に必要不可欠でないことはヘルパーでは不可能になります。


日常生活に必要不可欠なこととは?

日常生活に「必要不可欠」なことは、まずは洗濯、食事、排せつ、入浴、移動、掃除があがります。 食事の内容は調理や買い物。
排せつは排せつ行為の介助、掃除。
入浴については入浴介助、掃除。
移動については必要不可欠な移動になります。 もっとくわしく見てみましょう。


調理・買い物について

調理は本人に代わって食事の準備をすることであり、自宅でシェフの料理が食べられる、というわけではありません。食材も自分で用意しなければなりません。
食材を買いに出かけられる状態でないのであれば、介護ヘルパーさんが買い物に行く必要があります。
介護ヘルパーさんも決められた時間の中での介護サービスとなりますので、時間をかけて食材を選び、調理をするということは限られてきます。
また、日常の食事以外の食事(店舗限定の商品)のみの買い物も難しいでしょう。

老人ホームご相談、資料請求・ご見学はコチラをクリック


排せつ介助について

排せつ行為と一言で言っても、その中には移動、立ち座り、着脱、排せつ自体の行為とさまざまです。
そのなかでどこの介助が必要なのかによって介護ヘルパーさんのできること、できないことがあります。特に、排せつ行為自体の介助は「身体介護」のカテゴリに入り、介護保険での身体介護サービスの料金やケアプランが変わってきます。
今まではトイレの掃除だけできていたのに、甘えてズボンの上げ下ろしもやってほしい、ということはできません。 本当に立位保持が難しく、ズボンの上げ下ろしが行えないのであれば、本来はケアプランを変更しなければならないのです。 これは、入浴介助についても言えます。


訪問介護のカテゴリの違い

介護ヘルパーさんから提供される介護サービスについては、「生活援助」と「身体介護」に区分されています。
生活援助は掃除、洗濯、調理等、身体介助は排せつ、入浴介助や寝たきり時の体位変換などです。
ケアプランによって介護の方針や、介護事業所の料金も変わってきます。


外出などのサービスは

通院の付き添いや、買い物の付き添い、生活の質を高めるための散歩の付き添いなども介護ヘルパーさんの介護で行えます。
ただし通院の付き添いについては、介護ヘルパーさんでは薬の受け取りはおろか「診察室への移動」も行えません。介護保険と医療保険とが重なってしまうためです。厳密には医療保険を優先するため、病院の中での介護、援助ができなくなります。


日常生活以外のこととは?

これまでは、日常生活に必要不可欠なことを説明しましたが、次にそれ以外のことについて説明します。

老人ホームご相談、資料請求・ご見学はコチラをクリック


お掃除の生活援助について

掃除の範囲は基本的に「日常生活においての必要な部分」のみです。したがって生活動線以外にあたる庭の手入れ、倉庫の整理等は介護ヘルパーさんでは行えません。


身体介助について

基本的にケアプランに則って介助は行うため、必要以上な身体介助は行いません。
見守りでの入浴が行え、介護ヘルパーさんがお掃除のために訪問している場合などは、お風呂で「背中を流して」等の要求には本来お応えすることができません。
身体介助には移乗等のリスクも伴うため、生活援助とは違ったカテゴリに区分されています。もし本当に必要ならば、ケアプランの変更が必要でしょう。


記事の中に何度か出てきましたが、介護ヘルパーさんの介助は、基本的にケアプランに則って行われます。ケアプランケアマネジャー介護支援専門員)さんが本人のADL(日常生活において可能な動作)や住環境、生活環境を見て総合的に判断します。
そのため、介護ヘルパーさんがその場の対応でケアプランを超えた行為をすることは、ただ規則違反ということだけでなく、今後の生活にも悪影響が出る恐れがある場合なども考えられます。
介護者ご本人やその家族、ヘルパーもそのことをしっかりと理解し、円滑な介助が行えるようにしていきたいですね。

老人ホームご相談、資料請求・ご見学はコチラをクリック

老人ホーム紹介センター 住まいるケア 
北海道から九州沖縄まで、全国で高齢者設や高齢者住宅をお探しの方に、ご希望条件に沿って約4500件の有料老人ホームやサービス付き高齢者住宅の中から、ご紹介いたします。ご相談実績は年間20000件、相談窓口は関東・東海・関西・九州にございますが、ご相談は全国各地から承ります、お気軽にご相談ください。経験豊富な当社相談員が最適な有料老人ホームや高齢者住宅選びのお手伝いを致します。
関東有料老人ホーム紹介センター 10:00〜17:00 ※土日祝は休み 北海道・東北・関東エリア 0120-605-419【通話料無料】