シニアライフ徒然草

とてもお若い方の入居可能な施設探しのご相談

九州有料老人ホーム紹介センターにお寄せ頂いたご相談、40代の男性の施設探しを病院のソーシャルワーカーさんからのご依頼で承りました。年金生活のご両親とお住まいで、施設へ入居、世帯分離、生活保護の申請と、いくつものハードルを乗り越えて、施設へご入居されました。


ソーシャルワーカーさんからのご相談

今回のご相談は、いつもお世話になっているソーシャルワーカーさんからのご相談です。
我々は一般の方からのお問い合わせだけでなく、ケアマネジャーさん(CM)ソー シャルワーカーさん(MSW)といった方々からもご相談を頂く事があります。
当然ながら介護・医療における専門知識は我々よりも優れておりますが、老人ホームの情報に関しては、私たちの方がはるかに情報を持っておりますので、懇意にしているソーシャルワーカーさんやケアマネジャーさんからはよくご相談をいただきます。

今回のご相談のお客様の件も、最初はソーシャルワーカーさんがご自身でお探しになっておられましたが、条件に合うところを見つける事が出来ず、私の方へご相談いただいたというものでした。


40代のご本人様

その方のご相談は、ソーシャルワーカーさんにご相談の場をセッティングしていただきました。
お会いしたのは、40代の男性とそのご家族でした。ご対象者様はご本人は40代、脳出血により左上下肢麻痺全介助の状態で車椅子に乗っておられます。
大変穏やかな方で頭はしっかりしており、まだまだ仕事をしたいという意欲もある方でした。介護認定は要介護2を持っておられるので、それならば受け入れ先はすぐに見つかるだろうと思ったのですが、相談を受けていく中でいくつかの問題点が発覚します。


立ちはだかる様々な問題点

① 収入が無く、貯蓄に余裕があるわけではない。
⇒ まだ40代の為年金がありません。障害者認定の申請もしていますが、障害年金だけでは足りない状況でした。
独身でご両親と同居でしたがご両親の収入(年金のみ)ではとても援助は無理との事です。 やむを得ず役所に相談し、生活保護申請をする事と成りましたが、ご両親と同居の場合は申請が下りないので、施設入居を行った上で世帯を分けて申請をする事になりました。

② ご年齢が若い
⇒ 老人ホームは高齢者が中心であり、なじめるかどうかの心配をされていました。
そこでなるべく新しい、グループのできていない施設を提案する事にしました。

③ キーマンであるご両親がご高齢
⇒ ご本人様が動けない中、老人ホーム探しや役所とのやり取り、手続きなど全てご両親が行っておられます。70代後半~80代の様でかなりキツそうです。
今後どこかに入居される事を考えると、なるべくご両親に負担のかからない、通院や何でも施設で対応してくれる施設を探しました。

④ 生活保護になった際の介護対応の問題
⇒ 65歳以下の要介護者の方で生活保護の場合は、介護保険でなく生活保護の介護扶助で介助を行うという形になり、多くの場合で施設側が介護保険を使ったサービスを提供できません。
そういったケースで受け入れをしてくれるかどうかという問題がありますので今回は介護認定の有無にかかわらず受け入れをしてくれる施設を探しました。


全ての条件を満たす施設が見つかった!

上記の問題点を全て解決してくれる施設は簡単には見つかりません。特に介護保険のサービスを提供しないと施設側も収入を得られない訳ですから、この点が一番問題になり、受け入れしてもらえないのでした。
何件もの施設にご連絡をし、ようやく話を聞いてもらえたのは新規OPEN前の低所得者の方向けの施設で、障害福祉サービスの提供ができる併設の訪問介護事業所がある所でした。
「低所得の方の受け入れ」「新築」「障害者の方にヘルパーの派遣が出来る事業者である事」・・・ほぼ全ての条件を満たしており、ご本人様、ご家族様、ソーシャルワーカーさんからも納得いただき、皆様にそれぞれ感謝されたことを良く覚えています。


条件面の折り合う所を見つけるのは難しい

施設をお探しの皆様には、十人十色、様々な条件やご希望があり、それを相談すると最初から全く受け入れできないという施設から、条件次第で受け入れ可能という施設まで多種多様です。
実際に私たちは、皆様からのご相談内容をしっかりとヒアリングをさせて頂き、そのご相談ごとに確認と交渉を行っております。
介護・医療の専門家であるソーシャルワーカーさんやケアマネジャーさんでも、そのような情報をお持ちで無い事が殆どです。ましてやご家族だけでは、施設を探しきれなくて当たり前だと思います。


そんな時に役立てるのは、私たち紹介センター

昨今ではサービス付き高齢者向け住宅や、介護付・住宅型・様々な有料老人ホームなど、次から次へと新しい施設ができています。
毎日のように広告が入ってくるのは当たり前、そのチラシを頼りに見学し入居する方も多いと思います。
しかしながら一方では、入居後に「思っていたのと違う」という意見も聞かれます。
私ども紹介センターにご連絡頂くお客様の中に、既に施設に入居されている方やそのご家族から『出たい』『移りたい』というお問い合わせも最近多くなってきております。
ご自身でお探しになるのもいいですが、その前に一度老人ホーム探しのプロに相談して みるのも一つの方法です。
私共は無料でご相談をたまわり、ご相談者様に適切な施設を紹介する事が仕事ですので、お困りの方、またそうでない方もどうぞお気軽にご相談下さい。

記事 九州有料老人ホーム紹介センター 相談員 行徳 磨

老人ホーム紹介センター 住まいるケア 
北海道から九州沖縄まで、全国で高齢者設や高齢者住宅をお探しの方に、ご希望条件に沿って約4500件の有料老人ホームやサービス付き高齢者住宅の中から、ご紹介いたします。ご相談実績は年間20000件、相談窓口は関東・東海・関西・九州にございますが、ご相談は全国各地から承ります、お気軽にご相談ください。経験豊富な当社相談員が最適な有料老人ホームや高齢者住宅選びのお手伝いを致します。
九州有料老人ホーム紹介センター 10:00〜17:00 ※土日祝は休み 九州・沖縄エリア 0120-605-290【通話料無料】