シニアライフ徒然草

  • 閑静な住宅地の一角に京阪ライフサポート(株)が運営する【ローズライフくずは】

閑静な住宅地の一角に京阪ライフサポート(株)が運営する【ローズライフくずは】

医療と介護、そして心からのサービスでご入居者に寄り添い。ハードもソフトも「介護付」を超える充実ぶりです。「樟葉駅」は、京都市内へも電車1本で30分もかからず、まさに交通至便のエリアです。京阪電鉄グループが時間をかけて街づくりをしてきました。

     土地・建物非所有

この施設の詳細情報やご相談・資料請求はこちらをクリック


ご入居者の声に しっかりと耳を傾ける。

大阪市内から電車で約21分。大阪と京都の府境に位置する京阪「樟葉駅」は、京都市内へも電車1本で30分もかからず、まさに交通至便のエリアです。駅周辺には「くずはモール」などの商業施設、クリニック、銀行、市役所支所などがあり、京阪電鉄グループが時間をかけてて街づくりをしてきた「くずはローズタウン」は、京阪沿線屈指の住宅街とな っています。
そのローズタウンの閑静な住宅地の一角に、京阪ライフサポート(株)が運営する「ローズライフくずは」は位置しています。
今年8年目を迎えるローズライフくずはは、開設当初より明確なコンセプトを打ち出していました。それは「入居者さまは生活のあらゆる面で自由であること。そしてお一人おひとりの気持ちをしっかりと受けとめる姿勢を、決して忘れないこと」です。
どのように素晴らしいサービスであっても、それが押しつけになっては意味がない。ご本人の尊厳を大切にしながら、自由に暮らせることを第一に、入居されている方の声を丹念に聞き取り、そのご要望と意思をもとに日々の暮らしをお支えしたいと考えています。

この施設の詳細情報やご相談・資料請求はこちらをクリック


きめ細やかな介護、 24 時間の看護職員常駐体制

「一人ひとりの気持ちを受けとめる」ことを大切にしていることは、人員体制の手厚さを見れば一目瞭然です。国の定める3 :1以上の基準を大きく上回る1・5 :1以上の看護・介護職員を確保しています。
この手厚い人員配置に加えて、日常の生活空間はフロアごとのユニット方式を採用しています。1ユニットは7人〜12人の入居者で構成され、スタッフもフロアごとの担当制。アットホームな雰囲気のなかで、しっかりとした見守りと介護を行っています。
また3階と4階のフロアは、認知症の方が安心してお過ごしいただける専用フロアとなっていますが、心身の状況だけでなく、ご入居者の性格や好みなどの個性も見極めながら、 フロアを決定させていただいているそうです。フロア担当制だからこそ、顔なじみのスタッフがあらゆる場面を想定し、ご入居後も、安心して穏やかに過ごせる環境を作ること ができます。
人員の手厚さは、ホームの各種サービスにも現れています。「ローズライフくずは」では、協力医療機関への送迎が無料。例えば、内科と整形外科といった1日2カ所の通院であっても、午前と午後であっても、協力医療機関への無料送迎が可能です。
診察までの待ち時間が体力的に辛い方などには、スタッフが診察券の投函に行き、診察開始前に送迎をすることも可能です。
こういった小さいけれど、嬉しいサービスは、人員体制に余裕があって初めてできるサービスです。
さらに、看護師の24時間常駐だけでなく、協力医療機関の数が多いことも注目ポイントです。近くのクリニックからの往診医以外に、緊急対応が可能な総合病院が2ヵ所、整形外科や眼科、皮膚科といった地域の専門医療クリニックが7ヵ所あり、万一の時はもちろん、日常的に総合的な健康管理を行う体制が整っています。

この施設の詳細情報やご相談・資料請求はこちらをクリック


明るく清潔な ゆとりの共用スペース

次に館内に目を向けてみましょう。エントランスを入ると、1階は明るい日差しがあふれ、屋外の緑が望めるラウンジや多目的ホールなどの共用スペースが広がっています。
また各階には、ご入居者が集う開放的なリビング・ダイニングやサロンがあり、優美な 寛ぎの生活空間となっています。
お部屋はほぼ正方形の形状で、なんと窓が2つもあって、とても広がりのある空間です。使い勝手の良いトイレと洗面台を含めて16㎡の居室とはとても思えない、開放感と明るさを感じさせてくれます。
このほかにも、機能訓練室、ヘアサロン、ファミリールーム、ゲストルーム、庭園など、ゆとりの共用空間を備えており、これらのスペースを使った年間行事やアクテビティも年々充実しているそうです。毎週のお買い物ツアー、ドライブ、小旅行、さらには運動会や赤ちゃんとの交流会など、「楽しみ」のサービスがご入居者の豊かな暮らしをバック アップしています。
これらすべては、ハイクラスのサービスでご入居の要望に添えるようにと、スタッフ教育やサービス向上に取り組み、介護の質を追求してきた結果であり、ゆるぎない運営の基盤となっています。「ローズライフくずは」のホーム見学や体験入居で、入居への不安や疑 問は全て解消されることでしょう。

この施設の詳細情報やご相談・資料請求はこちらをクリック


施設長にお話しをお聞きしました。

介護に対して大切にしていることって何ですか?

私は「人を大切にする」ということが、介護における第一の心構えだと思っています。人 を大切に…というと、あやふやな言い方にはなりますが、もう一歩進んで考えると「自由と権利を守ること」ではないでしょうか。
介護を受けられる立場の方は、家族さまや周りの方が思っている以上に「選ぶ権利や自 由」がないものです。たとえばお食事。お箸やスプーンを口へ運ぶというご本人の行動も、見ていると不安定で危なく感じたり、時間がかかったりで、優しさから思わず介 助をしてしまう。ご本人にお断りもなく「はいはい」というふうに…。
身近な人であるほど、かえってご本人の意思を確認せずに、手助けする側の意思で行動してしまうものです。それが、お漬物やお魚に醤油をかけるというようなことであっても、人によって、日によって、好みは変わるものですよね。介護が必要となられても、日常生活に変わりはありません。ですから行動の自由、好みの自由、選ぶ権利はみな同じであるはずです。
大切なことは介護する側が、介護が必要な人を、いわば管理してしまわないように、ということではないでしょうか。「この方にはできない」「理解いただけない」などとは考えず、必ずご希望を伺うこと。それが人を大切にすることではないでしょうか。
ここ「ローズライフくずは」では、入居者さまを管理するようなことは一切ありません。ご本人のしたいことを大切に、もしご希望をおしゃっていただける環境が整っていなければ、環境を整える。それが私たちの仕事です。
時にはアクティビティなどで、これまで見たこともないほど、いきいきと調理されていたり、何かを制作されたりする姿を拝見し、その楽しそうな表情を、今まで引き出すことができなかったと反省することもあります。
そういう意味で、ホームで開催されるアクティビティには新しい発見や気づきがあり、私達スタッフにとっても大切なものです。人を大切にすることで、自由と権利を守り、ご希望を伺う。結果としてご本人、家族さま、私達スタッフが三方良しとなる。それが介護の基本だと思っています。

この施設の詳細情報やご相談・資料請求はこちらをクリック

記事 住まいるケア 関西有料老人ホーム紹介センター

住まいるケア
東京・名古屋・大阪・福岡に紹介センター窓口を開設し、全国で年間約2万件にも及ぶ相談実績があります。老人ホームなどの高齢者施設をお探しの方に、経験豊富な当社相談員が最適な有料老人ホームや高齢者住宅選びのお手伝いを致します。 全国約5000件の紹介施設がございます。

関西有料老人ホーム紹介センター【月〜金】10:00〜18:00【土】10:00〜17:00 ※日祝は休み 関西・中四国エリア 0120-65-6774【通話料無料】