シニアライフ徒然草

専任のリハビリスタッフにお聞きする【エイジフリー・ライフ星が丘】

専任の作業療法士が常勤しているから可能な数々のリハビリ。その方にあったリハビリで、 維持・向上率も大きくアップ!個別リハビリも、集団リハビリも興味を持って楽しんでいただくことが大切です。

    土地・建物権利形態:定期借地・借家

この施設の詳細情報や資料ご請求はこちらをクリック


専任の作業療法士が常勤しているから可能な数々のリハビリ

ここ数年、高齢者のリハビリに対する興味や意識が高まりつつあります。エイジフリー・ライフ星が丘では専任の作業療法士(OT)が常勤し、機能訓練指導員としてご入居者の身体機能の維持・向上に努めています。毎日の暮らしの質を引き上げるリハビリとは一 体どのような内容なのでしょうか。ここにしかない、ここでしかできない自由な発想のリハビリを機能訓練指導員の方に伺います。


人と繋がる優しい個別リハビリ。 時間をかけて希望を叶えます。

エイジフリー・ライフ星が丘では大きく分けて機能訓練指導員が行う個別リハビリや集団リハビリと、介護スタッフが手がける生活リハビリを連携しており、さらに寝た切りのご入居者に対してはお部屋へ伺っての居室リハビリを行っています。まずは往診で主治医が診断し、内容もしくは方針を決定します。ホットパック(保温性の高いシリコンを布で包み加温器の温水中で温めたもの)使用などの指示の時もあれば、関節のストレッチといった大まかな指示でメニューを考える場合もあります。
医師の指示とご本人の希望を汲み取ったリハビリを決定するにはどのような方法を取るのか尋ねてみると「何が楽しくて好きなのかを探ることが最初の仕事となります。認知症の方などは、ご自身でそれを伝えられる方は少なく、ご入居された当初は本当に手探りですね」。一緒に楽しみを見つけるのだという。
まずは以前の生活環境や性格などを考慮し、リハビリ室内にある物を選んでテーブルに置いてみて、興味を示したものを使用し現存能力の維持に繋がる内容を考えます。内容は多岐にわたり、編み物、囲碁、書道、他にも機能訓練士さん手作りのトレーニング器具や、パズルなどもあり室内はおもちゃ箱のようです。
強制ではなく、集中できたり興味を持って楽しく取り組めることで次の希望へ繋がります。また温熱療法やマッサージ、トレーニングといったものも同様です。楽しいリハビリを行うことで起立時間が長くなったり、関節の痛みが軽減するといった目に見える、体感できる結果に繋がります。
ご入居者の希望を汲み取るということは信頼されるということ。ご入居者をお部屋に迎えに行き、また終わるとお部屋までお送りします。その人の暮らしにしっかりと入りこむことで、人と人との結びつきがより固いものになるようです。

この施設の詳細情報や資料ご請求はこちらをクリック


重介護でもお部屋で リハビリをすることで 変化が生まれます

リハビリのイメージはリハビリ室で器具を使って筋肉トレーニングを行ったり、立ったり 歩行したりといった内容ではないでしょうか。介護専用型の有料老人ホームでは介護度の重い方もお住まいで、そういった方のために居室リハビリはあります。
作業療法士がお部屋に伺い手足の拘縮(長期間の寝たきりなどの状態で筋肉が萎縮すること)をゆっくりとほぐすことが中心となります。しかし体に触れるということはプライベートな部分に深く入り込むことなので、仮に会話が出来なくともお声かけをしながら、しっかりと表情を確認することを忘れてはなりません。
また介護度に関係なくリハビリの際に身体の変化を細かに確認することが大切です。日常生活の些細な行動で、体は良くも悪くもなるからです。時にはトイレの座位やお風呂の入り方をチェックすることもあり、小さな変化を発見します。力を入れるポイントを作ったり介助の方法をアドバイスしたり。必要に応じて簡易のクッションや取り付けテーブルを手作りされるそうです。

この施設の詳細情報や資料ご請求はこちらをクリック


一人じゃない。 楽しく継続できることが 一番大切です

集団リハビリは個別に比べてアクティビティの要素が高く、一人では長続きしない方にはぴったりです。気の合う仲間と参加できる上、続けて体を動かしたり声を出すことによりリハビリの効果も表れてきます。
内容は歌や体操、デジタルミラーを使ってゲームをしたり。全員同時に行うものばかりではありませんが、ご入居者同士が集まりコミュニケーションを持つことも集団リハビリ のメリットです。

この施設の詳細情報や資料ご請求はこちらをクリック


生活リハビリは アクティビティの 延長上にあります

生活リハビリはアクティビティの延長上にもあります。リハビリの要素を感じなくても、楽しみながら何かをすることで普段できなかった事が出来たりもします。
例えば茶道クラブ。茶道の先生に来ていただく本格的なもの。和菓子とお抹茶を囲んで、和やかな一時ですが茶器は落とせば割れてしまう焼き物を使用するため、手のトレーニングになります。また和菓子も柔らかく可愛らしいものですが、小さなものなので楊枝で切ったり、手でつまんだり。こういったアクティビティで、現存能力の発見や生活リハビリのきっかけとなることもあります。ですから、ここで行われるアクティビティは本格的で気軽に楽しめて、リハビリにも繋がるものなのです。
リハビリは一言でくくるにはあまりにも広範囲の分野です。エイジフリー・ライフ星が丘で楽しそうにリハビリをするご入居者の姿をご覧になれば、これからの可能性を肌で感じることでしょう。

この施設の詳細情報や資料ご請求はこちらをクリック

記事 住まいるケア 関西有料老人ホーム紹介センター

住まいるケア
東京・名古屋・大阪・福岡に紹介センター窓口を開設し、全国で年間約2万件にも及ぶ相談実績があります。老人ホームなどの高齢者施設をお探しの方に、経験豊富な当社相談員が最適な有料老人ホームや高齢者住宅選びのお手伝いを致します。 全国約5000件の紹介施設がございます。

関西有料老人ホーム紹介センター【月〜金】10:00〜18:00【土】10:00〜17:00 ※日祝は休み 関西・中四国エリア 0120-65-6774【通話料無料】