シニアライフ徒然草

施設の虐待事件頻出「本当に施設は安全なのか?」シニア徒然草

株式会社エイジプラス代表取締役 植田秀一のコラム「シニア徒然草」今回は昨今ニュースメディアに取り上げられる施設の虐待について、安心・安全がモットーの高齢者施設とはどれくらい安全で安心なのか、植田秀一の独自の視点でお届けします。


はじめに

皆さんもご存じでしょうが、最近施設での虐待や様々な不祥事、事故、事件が新聞やテレビのニュースで報道される事が増えて来ました。このようなニュースを見られて、すでに施設に入居されておられる方はもちろんですが、今後入居を検討されている方も大きな不安を感じておられる事と思います。

はたして施設はどれくらい安心・安全な所なのでしょうか。

施設に入れば安全で、事故は起きないと思っている方もいらっしゃるかもしれません。しかしながらはっきり申し上げて、大・小の差はあれ事故は起こります。転倒事故などは職員が常時付きっ切りでない限り、完全に防ぐことは出来ません。誤薬(飲み忘れ、飲み違え)も良く起きる事故の一つです。
また、あってはいけませんが虐待も起こる可能性のある事故(事件?)の一つです。
このような話をしますと、ご入居を検討されている方にネガティブな印象を与えてしまうかもしれませんが、適切な施設選びをし、入居後も幾つかの注意をして頂ければ、ご自宅にいるよりはるかに安全であると思います。
そこであらためて、施設選びのポイントと入居後の注意点をあげさせて頂きます。

老人ホームや高齢者住宅のご相談はこちらをクリック


事故・事件回避のための施設選びのポイント

施設選びは価格や立地を優先させて選んでしまうケースが多いようですが、これだけでは安心材料にはなりませんので幾つか私流のチェックポイントを上げてみます。

●人員体制(日勤帯・夜勤の介護職員の人数、看護師の人数)を聞く。
●入居者の構成(総人数、平均介護度、認知症人数)を聞く。
●運営会社の本社の管理体制(報告体制、職員教育の方法等)を聞く。
●運営会社の理念。わかる範囲の経営状態聞く。
●認知症の方の具体的対応方法を聞くを聞く。
●事故が起きた後の対応(家族への連絡、開示体制、再発防止の取組み等)を聞く。


一概には言えませんが事故や事件が起こる要因として、職員の人数や質が大きく起因していると私は思っています。介護付有料老人ホームや特養、老健などは入居者3名に対して1名以上の介護職員が義務付けられていますが、人員規定の無い住宅型有料老人ホームやサ高住の場合は入居者の状況に見合った介護職員の数が配置されているかどうかがわかりません。単純に職員が多ければ良いと言う訳ではありません。正しく教育された職員が入居者の人数やレベルに応じて適切な人数で適切なサービスが提供されているかが重要だと思います。
職員の人数が少ない事で過重労働となりストレスが溜まりそれが原因で虐待が起きる事も想定されます。運営会社の経営状態が悪く人員を絞っているケースも考えられます。また認知症の対応は施設によってかなり違いがあるのでこれも要チェックです。
付け加えておきますが、住宅型有料老人ホームやサ高住が介護体制で劣っていると言う事ではありません。介護付以上の人員体制で手厚い対応をしている所もありますので誤解の無いように。
それと大事なのは事故後の処理の仕方です。事故後、いかにその事実を正確に開示し、再発防止に向けて真摯に取り組んでいるかと言う事が運営会社に求められます。
上記チェックポイントは施設のパンフレットには書かれていない事が多いですし、見学時にもお客様の方から質問しないと教えてくれない事が多いと思います。見学時には設備や価格面を注目しがちですが、こういった事も聞いておくと安心です。


虐待を回避するための注意点

●ご入居者もご家族もスタッフから好かれた方が良い。(嫌われない)
●聞きたい事、言いたい事はしっかり聞く(言う)が施設やスタッフへの感謝、気遣いも必要。
●ご家族の定期訪問。ご入居者に会うだけでなく、スタッフにご入居者の様子も聞く。


当たり前の事ですが施設のサービスはすべてが人の手によるものです。いくら教育を受けた専門スタッフと言えども一人の人間なので腹も立つでしょう。過度のストレスでイライラもします。そしてそれが虐待の原因になったりします。
特に認知症の場合、ご本人に悪気はなくてもスタッフへの暴言等、過度のストレスを掛けてしまう事もあります。このような時でもご家族からスタッフに少し気遣いの言葉を掛けて頂くだけでもスタッフは報われます。
お世話になっているからと媚びる必要もありませんが、高慢な態度も良くありません。とにかく大事なのは施設の人といかに良好な人間関係を気付くかと言う事ですね。 それではまた次号をお楽しみに。

記事 株式会社エイジプラス 代表取締役 植田秀一

老人ホームや高齢者住宅のご相談はこちらをクリック

植田 秀一
株式会社エイジプラス代表取締役 10年以上の紹介会社運営実績があり、全国の老人ホームのコンサルティングなども手掛ける。

関西有料老人ホーム紹介センター【月〜金】10:00〜18:00【土】10:00〜17:00 ※日祝は休み 関西・中四国エリア 0120-65-6774【通話料無料】