シニアライフ徒然草

介護の気になるお悩み事は、まずはケアマネジャーに相談を。

災害に対する備えをするご家庭は増えてきていますが、近い将来の介護に備えているご家庭はどのくらいおられるのでしょうか。介護は突然やってきます、設備などの備えは無くても、介護や老後に関する様々な知識を備えておく事で、万が一の時にも慌てないようにしましょう。


介護は突然やってきます、備えは大切

あなたは「介護」の備えはできていますか?
災害の備えは必要だけど、多くの人は介護の準備はまだ先のことと考えがちです。
しかし、刻々と変化する時代において、親の介護と自分の老後の準備は早いほうが有利であることは間違いではないのです。
介護の経験が少ない30代・40代の方にとって、介護を想像することは難しいですが・・・・・・。

育児と介護で貯金ゼロのご夫婦や、親と同居できずに「遠距離介護」で自宅と実家を行き来する二重生活で苦労している家庭も多いようです。
そこで今回は介護に関する情報をお伝えします。


老後資金計画で100万円を浮かせる?

意外とかかるのが介護と医療費です。
厚生労働省の「患者調査」を参考にすると在院日数が65歳から急激に増え、75歳を超えると医療費+介護費用の二重の負担がることがわかります。
介護の平均を5年と見積もると300万円の資金を事前に用意しなければならないのです。 もしも、親の貯金が0円であなたが300万円用立てするとしたら、どうしますか?
ここで注目するポイントは、いつまでに300万円を用意する必要があるのかです。 実は時間を味方につけることで、100万円以上を浮かせることができるのです。


時間と金利を賢く利用する

老後を担保するものとして、「生命保険」「医療保険」「民間の介護保険」を思い浮かべるものですが、払込保険料の総額に対して複利運用計算すると0.5%未満の金融商品でしかなので、お金を増やすことには適しません。
そう考えると投資信託やETFなどの金融商品で運用したほうがいいと思われます。
仮に、物価の上昇や消費増税を加味して5%利回り10年間複利運用の場合、184万1700円を用意できれば、10年後に300万円を手にすることができることになります。 184万円の現金が用意できなければ毎月19,320円を5%リターンで10年間運用すれば目標金額の300万円です。 貧乏でお金は無くとも時間は平等に与えられています。 知恵を巡らせて頑張ってみませんか。


お金も時間もない! なければ色々な制度を賢く利用する

夫婦共稼ぎの家庭は、ご両親に介護が必要になる場合「遠距離介護」というケースも少なくありません。
遠距離介護の悩みのひとつに、交通費やガソリン代の出費があります。 通信・交通機関の発達によって、両親と離れて暮らすことが多いライフスタイルでは、かなりの割合で遠距離介護の問題は増えてくるものだと思います。

介護の話になると、「配偶者である妻が担う」というケースが多いですが、男女の平均所得は均衡していることを考えると、退職は家計の破たんを招く危険性が高いといえます。 まずは、介護離職をしないで乗り越える方法を検討するべきでしょう。

会社の福利厚生、高額介護サービス費、高額医療・高額介護合算制度、介護保険を利用した住宅改修・家賃債務保証制度などを活用することで、介護費用の総額も低く抑えることが可能なのです。
遠距離介護の精神的・金銭的負担を抑える場合は、比較的掛け金の少ない「少額短期保険」等の利用もよろしいかと思います。介護保険の横出しサービスに似た保険として、少額短期保険株式会社が発売している商品もあるようです。


生活が困窮しないよう相談相手を選ぶ

介護サービスを効率よく利用するには「ケアマネジャー」の手腕も大きく影響します。コミュニケーションのとり易い、よく話を聞き出してくれる「聞き上手のケアマネジャー」にお願いするようにしましょう。
介護プラン作成のプロであれば、利用者やご家族の要望を聞き出してくれるのが本来の姿でありますが、こちらから尋ねないと説明が足らないケアマネジャーさんもなかにはいらっしゃるようです。
もし遠距離の介護となると急を要することもあありますので、迅速に対応してくれそうな居宅支援事業所や担当ケアマネジャーを選ぶようにするとよいでしょう。
話をじっくり聞いてくれて、いいアドバイスをくれる人なら安心だと思います。 介護のプロの人たちは、各種支援制度も理解しているので質問や不安がある時は、遠慮せずどんどん質問するようにしましよう。
介護の事は知らずにいるほど、貴重な時間も手間も、もちろん資金も無駄にする事になります。

記事 住まいるケア

住まいるケア
東京・名古屋・大阪・福岡に紹介センター窓口を開設し、全国で年間約2万件にも及ぶ相談実績があります。老人ホームなどの高齢者施設をお探しの方に、経験豊富な当社相談員が最適な有料老人ホームや高齢者住宅選びのお手伝いを致します。 全国約5000件の紹介施設がございます。
関東有料老人ホーム紹介センター 10:00〜17:00 ※土日祝は休み 北海道・東北・関東エリア 0120-605-419【通話料無料】