シニアライフ徒然草

世田谷区岡本の地に、緑に囲まれた邸宅風老人ホーム グランダ岡本里安邸

緑に囲まれた中に邸宅風の老人ホーム、春は桜を愛で、夏には眩いばかりの緑に囲まれ、秋には紅葉の紅葉を楽しむ事が出来る住宅型有料老人ホーム、里安(リアン)とはフランス語で「絆」を意味します。グランダシリーズでありながらアリアシリーズを思わせる外観です。

土地・建物 事業主体非所有

この施設へのご相談、資料請求・ご見学はコチラをクリック


二子玉川にありながらも、周囲を緑に囲まれた豊かな環境

東急田園都市線「二子玉川駅」」が最寄となりますが、徒歩だと約20分、バスを使ってもバス停からは少し歩きます。
施設には高級ホテルを思わせるような、車寄せがあり駐車スペースは十分に確保できます。
初めてグランダ岡本里安邸を訪れると、まず正面玄関の雄大さにビックリするほどです。
そしてこれがベネッセのグランダシリーズの建物である驚きも・・ ベネッセの老人ホームの中では、アリアシリーズが最上級グレードの施設として位置づけられていますが、建物の外観を観る限りではアリアシリーズの高級感を凌駕するほどです。


中身は派手さは無いが安心の介護サービスを提供

館内に一歩足を踏み入れると、右手には吹き抜けでシャンデリアの灯りが輝いています。建物は3階建て、20㎡タイプのお部屋から、63㎡タイプのお部屋までのバリエーションが揃えられており49室62名の定員です。
お部屋は外観に比べると、派手な高級感がある訳ではないですが、ベネッセスタイルケアの安心できる介護サービスの提供実績を裏付ける造りとなっています。
お部屋には床暖房が完備されており、冬場でもヒートショックを防ぐことが可能です。
また入院受け入れなどの提携医療機関は、日産厚生会玉川病院が受け持ちます。

この施設へのご相談、資料請求・ご見学はコチラをクリック


お部屋によっては浴室や、洗濯機スペースも

お部屋によっては、浴室やキッチン、洗濯機スペースが確保されており、比較的身の回りの事がご自身で出来る方であれば、自由にお暮し頂ける事も可能です。

この施設へのご相談、資料請求・ご見学はコチラをクリック


新しいタイプの住宅型有料老人ホーム

いままでのベネッセスタイルケアの老人ホームの中でも、こちらのグランダ岡本里安邸は、新しいタイプの住宅型有料老人ホームとしてのサービスがあります。 大きな特徴として導入されたのが、「登録スタッフ制度」これにより、住宅型有料老人ホームでありながら、介護付有料老人ホームに匹敵する、介護サービスの提供が可能となっています。
起床の介助や、食事介助などを全て1対1のケアで対応する事が可能となっています。また入浴なども通常は週に2回もしくは3回と言われますが、ご入居者様やご家族様のご要望に応じて毎日でもOK、場合によっては条件さえクリアできれば夜間の入浴も可能
だという事です。それ以外にも通常外出なども、スタッフの人員配置等の問題で、常に外出OKという訳にはいかなかったケースもありますが、今後は外出の要望にも全て対応する、という徹底ぶりでした。


もちろん食事も様々な嚥下機能に対応

通常のお食事から、嚥下機能が低下した方向けのペースト食まで、お食事についても様々な仕様でおご用意が可能です。
写真は4種類の食事サンプルです。

通常食

軟菜食

ソフト食

ペースト食


リハビリ設備も充実

リハビリルームも通常の老人ホームに設置しているリハビリマシンと比較しても一線を画したとても立派なマシンが設置されています。
沢山のリハビリマシンが設置されている訳ではないのですが、中庭を眺めながらのリハビリはとても気持ち良さそうに出来そうです。

負荷もダイヤル式で簡単に調整可能


お風呂も、様々なタイプを用意

浴室は檜風呂通常の個別浴槽介護が必要な方向けの機械浴槽と、ご入居者様に応じて利用が可能です。

機械浴室

この施設へのご相談、資料請求・ご見学はコチラをクリック


趣きのある里安邸の中庭

特筆すべきは、こちらの中庭ではないでしょうか。
元々この地は、地主の方が所有されている広大な緑の中に一軒の茶室があります。
いまもグランダ岡本里安邸の隣には、その茶室があり、中庭にある手入れが行き届いた盆栽を思わせるほどの杉の木と、中庭のバランスがとても日本人の心には落ち着きを与えるのではないでしょうか。
施設の名前になっている里安(りあん)はフランス語で「絆」を意味するそうです。
そして漢字の
里・・・人々が集う里で
安・・・安らかな暮らしを
邸・・・邸宅で
想いのこもったネーミングとマッチした暮らしが感じられます。

この施設へのご相談、資料請求・ご見学はコチラをクリック


ベネッセグランダシリーズの中でも最上級

今までベネッセスタイルケア社の運営する様々な老人ホームを拝見しましたが、グランダシリーズの中で言えば、最高のインパクトのあるグランダ岡本里安邸、外観の豪華さとは裏腹に、建物の中に入ると上品な雰囲気を十分に残しつつ、今まで培われてきた介護サービスを住宅型として最高の形で提供する形が出来上がっているように感じました。 今後は桜新町にも新たに施設がオープンする予定なので、そちらもとても楽しみです。

2階の共有スペース

1階ダイニングルームとピアノ

この施設へのご相談、資料請求・ご見学はコチラをクリック


喫煙ルームも見つけました。

この施設へのご相談、資料請求・ご見学はコチラをクリック

田中 宏信
「関東有料老人ホーム紹介ンター」を運営する(株)エイジプラス東京支社 支社長。自身の両親の介護経験を活かし、同じように在宅介護でお悩みをお持ちのご相談者向けに、老人ホーム選びのアドバイスやセミナーなども行っています。